ミカサ
ミカサ
ナイトスクープの過去動画を見るならU-NEXT 番組公式サイトはこちら

 

ポツンと一軒家 茨城県上高倉町のどこ?築244年の古民家がステキ!





9/4「ポツンと一軒家」は茨城県常陸太田市上高倉町が舞台。
築244年の古民家に住んでいたのは小野瀬繁光さん(84才)

奥さんのよてさん(80才)と仲良く楽しく生活してました。
家は武生神社の近くで見晴台からは富士山が見えることも。

日本昔話に出てくるような民家は歴史の重みを感じますね。

  
 

スカパー

  • 約80チャンネル
  • DVDへのダビングもOK
  • 1チャンネルから契約OK
  • 自宅のテレビで楽しめる
  •  
    【公式サイト】スカパー!

     

    茨城県上高倉町


    もとは13世帯が住んでいたものの昭和59年に林道が開通し
    逆に若い世代がどんどんと山を出ていったという繁光さん。

    集落に暮らしてたのは戦国武将の佐竹義重の末裔のようで
    享保の頃に徳川から秋田移送を命じられここに逃れたそう。

    小野瀬家は代々林業が家業ですが繁光さんは元自衛隊員で
    18~25才まで古河駐屯地の工兵部隊に所属していたとか。

    築244年の民家



    自衛隊をやめて家族の必要で実家に戻った後は林業に従事。
    60才まで予備自衛官として毎年5日間の訓練をしてたそう。

    繁光さんの家も拝見しましたがさすがは安永7年の建築です。
    1778年10代将軍の徳川家治の頃から建っててスゴイですね。

    井戸水しかなかった頃は一日20回も汲んで運んだそうです。
    結婚式も家で行い花嫁のよてさんは3kmも歩いて家に到着。

    平穏で終わりたい



    家のそばの炭窯も繁光さんの手作りで趣味で始めたそう。
    主にこたつで使う黒炭を楢木で作って知人にあげてるとか。

    急斜面の水はけのよい土地ではコンニャク、じゃがいも、
    すいか、長ネギ、かぼちゃ、きゅうり、なすなどを栽培。

    今後について尋ねると「平穏で終わりたい」と繁光さん。
    よてさんも主人と一緒に私も山に残ると言ってましたね。

    まとめ



    二人の出会いはよてさんの叔父さんを通しての見合いで
    わけがわからないまま結婚したと冗談で言ってましたね。

    時代を感じますがお互いに良い相手を見つけられました。
    繁光さんは屋根葺きだけせなく庇や籠を作ったりと器用。

    自衛隊の頃に橋や建屋などを作った経験が役立ったとか。
    現在の生活に満足だという繁光さんは「無欲」だと一言。             

    これからも元気で楽しく山の生活を続けてほしいですね♪     

    error: Content is protected !!
    NHK”朝ドラ”の見逃し配信ならU-NEXT
    公式サイト