ポツンと一軒家 島根県の銀の道の近くの家!渡邊満さんが気になる!

 
 

 
5/16「ポツンと一軒家」は島根県大田市温泉津町西田から。
石見銀山の近くということもあり歴史ロマンを感じますね。
 
一軒家の持ち主は元板金塗装業の渡邊満さん(65)でした。
黒いハイゼットピックアップデッキバンが愛車のようですが
 
車内に巨大スピーカーがセットされとてもクールでしたね。




銀の道

 
 

 
 
 
まずは石見銀山の銀の道が紹介され猿の群れも発見できました。
大正12年まで約500年にも渡って銀の採掘が行われた石見銀山。
 
17世紀最盛期には年間38t世界の三分の一の銀を出荷したそう。
1000箇所から合計100kmの坑道が手で掘られたなんてスゴイ。
 
現在はハイキングコースの銀の道は日本海の沖泊まで続いてて
道端に置かれてた西田の石仏は銀の運搬の安全祈願のためとか。

西田の渡邊さん


 
渡邊満さんの父親が戦地から帰ってきてここに定住したそうで
現在の築59年の家が建つ前にさらに山奥に家があったんだとか。
 
両親はすでに他界し空き家になり電気以外は止めてるんだそう。
スズメバチがよく出るそうで以前に4箇所もさされ病院へ直行。
 
一番近くの病院に行くにも車で約40分なので何かと不便ですね。
家からははっきりとあの大内氏の矢滝城跡が見えてまさに絶景。

ミニカーコレクション

 
 

 
 
 
多趣味な満さんですが飾ってあった80cmの鯛の魚拓はスゴイ!
さらに驚いたのは保存状態のいい美しいミニカーコレクション
 
古い車種が中心でしたがトヨタ2000GTやマツダキャロル360
自身の乗っていた三菱FTOなどの昭和の名車がズラリと勢揃い。
 
昔の車が好きなのは故障が多いけどメカニックな雰囲気だから。
昨年の8月までずっと車関係の仕事をしてきたので納得ですね。

まとめ


 
2016年7月3日に島根県西部に豪雨による水害が発生したそう。
軒並み西田地区は被害に遭い土砂崩れで家が倒壊したようです。
 
幸い満さんのとこは大丈夫でしたが山間部は大雨が心配ですね。
それにしても次スズメバチに刺されたら命に関わる一大事です。
 
アナフィラキシーショックで30以内に病院へ行く必要とのこと。
こういうことも含めポツンと生活は一定のリスクがありますね。
 
とにかく満さんには今後も元気で長生きしてほしいものです。
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました