迷子のオカメインコゆきちゃんが飼い主レミさんの元へ!仰天ニュース





10/5「仰天ニュース」のオカメインコ雪ちゃんが可愛い!
飼い主はフランス人のレミ・サブリナさん(33)ですが

去年6月29日にゆきちゃんが迷子になってしまったとか。
約1年後に雪は戻ってきましたがそこに感動のドラマが。

ある女性にカラシ君として育てられた運命のストーリー。

肩にオカメインコ





2017年に大好きな日本で暮らし始めたレミさんですが
コロナで寂しさを紛らわせるためペットにしたのが雪。

2ヶ月ほど暮らしていい感じになった矢先に今回の悲劇。
ベランダの花に水をやる隙にカラスの声に驚いて大空へ。

3日後にとあるコンビニの前で40代女性の肩に雪が着地。
運命を感じた女性はオカメインコを連れ帰り飼うことに。

雪ちゃんからカラシ君



病弱なその女性は29才で乳がんになって右胸を全摘出。
40代で乳がんを再発し肺がんも発症する大変な状況に。

リー・フラウメニ症候群という遺伝子の病気が原因で
気力を失いかけた時にオカメインコと出会ったそう。

それからインコの世話に生きがいと幸せを感じる日々。
病気と闘う上でカラシ君は大きな励みになったみたい。

飼い主と再会





今年の6月11日にネットで飼い主を発見した40代女性。
気持ちが揺れ動いたもののメールで連絡を取ったそう。

レミさんを自宅に招きユキが1年ぶりに飼い主の元へ。
久しぶりでしたが雪ちゃんがレミさんに優しくキス♡

ハッピーエンドと言えばそうですが複雑な結末ですね。
二人はその日から定期的に連絡を取り合う関係のよう。

まとめ



女性はインコから元気をもらい前向きに治療に専念。
抗がん剤のおかげでがん細胞が小さくなってるそう。

レミさんは自分の喜びだけでなく女性のことも考え
「彼女の気持ちも分かります」と同情してましたね。

登場人物が全員が良い人ばかりでステキな話でした。
雪がこんなに人をハッピーにするなんて感動ですね♪



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!