太田ゆか 南アフリカのサファリガイド!サバンナで密猟者と戦う!





8/23「坂上どうぶつ王国」後半は南アフリカのロケでしたが
サバンナで密猟者と戦うのはサファリガイドの太田ゆかさん。

2016年から政府公認フィールドガイドとして働いていていて
可愛いルックスですが仕事ぶりはまさにプロフェッショナル!

まだ24才なのにしっかりとした信念がありステキな人ですね。

サファリガイド





アフリカは大学1年の時にボランティアで来てハマったとか。
幼い時から動物好きのゆかさんは運命を感じたんでしょう。

両親は当初は反対でしたがゆかさんの熱意に負けたようです。
たった一人の日本人ガイドとして苦労は多かったみたいですが

今は「African Impact」の寮で世界の仲間と楽しく共同生活。
家賃は無料で1日3食つきとなかなかいい暮らしをしてました。

保護団体
African Impact

保護活動



東京ドーム約1100個の広さのリットスプロイトゲームリザーブ。
3000頭の動物をたったスタッフ4名で毎日チェックしてるそう。

ライオンが目の前でシマウマを食べる姿も日常の一コマだとか。
ハゲワシの群れのすぐそばにライオンがいるとか情報がリアル。

カバが年間500人も人をあやめているなんてちょっとビックリ。
最高時速は40kmでウサイン・ボルトよりも早いとは驚愕ですね。

インスタ
yukaonsafari

密猟者との戦い





モホロホロ・ワイルドライフリハビリテーションセンターでは
人間によって殺害されたり傷ついた動物が紹介されてましたね。

サイの角一本分が約2000万円の価値があるとはこれも驚きです。
今のペースで密猟が続くとサイはいずれ絶滅してしまいますね。

密猟者が仕掛ける罠は安価な針金の輪っかですが残忍すぎます。
ときには密猟者と撃ち合いになるとかハードすぎる現場ですね。


Amazon
Audible オーディオブック

まとめ



アフリカ全体では密猟件数が年間2万件ほどあり世界一だとか。
人間の欲望のために罪のない動物が犠牲になって胸が痛みます。

ゆかさんも像をライフルで安楽死させたことがトラウマだそう。
5トンある体重を支える足に針金が食い込んだのが原因でした。

ローラさんが動物保護に真面目に取り組んでいて意外でしたが
アフリカの現状を直視するとその気持ちになるのは自然ですね。

いずれにしても太田ゆかさんに元気に頑張ってほしいものです。
アフリカの大地に骨を埋める覚悟とか立派な志を持ってますね。


HOME
FGASA



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!