小堀 タイの俳優は誰?映画「クーカム」のあらすじも気になる!





5/19「陸海空 地球征服するなんて」は新しい企画で
タイと南アフリカで有名な日本人ランキングでした。

一番意外なだったのはタイでダントツ人気の「小堀」。
映画クーカムに登場する日本人の役名だそうですが
誠実な人柄と悲しいラブストーリーが受けているとか。

クーカムと小堀についていろいろ知りたくなりますね♫

クーカム(Khu Kam)





タイ語のウィキペディア(คู่กรรม)に詳しくありますが
1970年にテレビシリーズがまず始まり人気が出たよう。

これまでにドラマ化が6回、映画化が4回もされており
2013年にはそれぞれ最新作が発表され人気のようです。

日本人「小堀」とタイ人「アンスマリン」の恋愛物語で
紆余曲折を経て結婚し子供を授かるも小堀が死ぬという…

第二次大戦中の軍人中村明人さんがモデルとなった作品で
邦題は「メナムの残照」(タイの女姓作家トムヤンティ)

歴代の小堀




歴代の小堀を演じた俳優さんを簡単にまとめました。

テレビドラマ

□ Mechai Viravaidya(1970)
□ Win the Sri Ubon(1972)
□ Nirut(1978)
□ Thongchai McIntyre(1990)
□ SARAM THEPEPTAK(2004)
□ Sukrit Wisetkaew(2013)

映画

□ Nutt Phuwan(1973)
□ Virtue(1988)
□ Thongchai McIntyre(1995)
□ Nituj Kumukami(2013)


いずれの作品も好青年の日本人像が描かれているので
タイの親日感情に大きな影響を与えたと言えそうです。

クーカムの視聴方法は?





気になる「クーカム」の視聴方法はいろいろありますが

● 2013年の映画「メナムの残照」(日本語字幕付き)
● ドラマは「タイにできごころ」さんが翻訳されてます。

タイ語のオリジナルであればคู่กรรมで沢山ヒットします。

残念ながら今のところ日本語DVDは発売されておらず
動画配信サイトでも取り扱われてないみたいですね。

ドラマが圧倒的なボリュームで見応えありそうですが
ストーリーを短く知りたいのであれば映画がよさそう。

まとめ

日本兵が主人公のタイ映画 "クーカム(運命の人)" 予告


アンスマリンの父は抗日運動のリーダーで小堀は日本兵。
許されざる状況で結ばれた二人は偽装結婚の形でしたが
アンスマリンは小堀を心から愛するようになっていく…

最後に小堀が死んでしまうのはちょっと切ないですが
非現実的とも言えるラブストーリーが逆に新鮮ですね。

日本兵がレアな名前の小堀なのがなぜか気になりますが
次回の作品では本当の日本人俳優で撮影してほしいですね。


Expedia
タイ旅行



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!