ポツンと一軒家 群馬県の瀧本さんが面白い!3WDデルピスも気になる!

 
 

 
10/14「ポツンと一軒家」後半は群馬県からエントリー。
家主は5千坪の土地でプレハブ小屋生活の瀧本文夫さん。
 
車が大好きなユニークな経歴の気さくなおじさんでした。
自分の好きなことを生き方にしていてなんだか羨ましい。
 
ちらっと映った特殊車両3WDデルピスも気になりました。




群馬県 瀧本文夫さん

 
 

 
 
 
地元の聞き込みはラッキーにも一人目で有力情報ゲット。
軽トラで案内され険しい山道の先にプレハブ小屋を発見。
 
住人の瀧本さん(74才)は群馬生まれ自宅は千葉だそう。
現在は妻の許しによりひとり暮らしを満喫中なんだとか。
 
中学卒業後は車が好きだったので自動車メーカーに就職。
その後は都営バス運転手そして都営地下鉄三田駅で勤務。
 
38才の北海道一人旅で人生を変える経験をしたんだそう。

5千坪で一人暮らし


 
北海道のラベンダー畑を見て田舎暮らしに目覚めたそうで
42才で今の土地5千坪を購入して週末のたびに農業に没頭。
 
最初はテント生活でしたが4年後にはプレハブ小屋を建設。
その後は仲間たちが集い30家族も週末に押しよせてたそう。
 
65才で定年退職してからは来客は減ってほぼ一人生活とか。
広大な畑では現在りんごではなくてすべて楢の木を栽培中。

3WDデルピス

 
 

 
 
 
クルマ好きの瀧本さんは今も7台の車両を所有してるそう。
ほとんどは動かずキャンピングカーも冬場の寝泊まり用。
 
消防自動車も買ったそうですが邪魔ですでに処分したとか。
意外な現役車両は3WDデルピスという林業用の特殊作業車。
 
一部マニアックなファンがいて放送にざわついたようです。
昭和40年代製造の代物ですが今もちゃんと動いてますね♫

まとめ


 
5千坪でじゃがいも、さつまいま、りんご、ブルーベリー。
農業が好きとはいえ趣味の範囲を超え楽しまれたようです。
 
かつて手作りの岩風呂ではしゃいでた小学生も大きくなり
家庭を持って遊びにくることもなく寂しいという瀧本さん。
 
それでも畑の手入れをこまめに行うのはいつか昔のように
沢山友人たちが遊びに来たときにもてなしたいからだそう。
 
一人暮らしイコール「孤独」というイメージがありますが
瀧本さんには悲壮感がなく本当に楽しんでいるようでした。
 
今後も悠々自適なポツンと生活を続けてほしいものです(^^)
 

コメント

  1. こんばんは
    突然おじゃまします!

    ありがとうございます♡

    瀧本さん
    私の母の従兄弟ですf^_^;

    最近は、私が役員を務める 軽井沢近辺の有料老人ホームの草刈りに力を貸してくれました。というか、まだ引き続きお願いすると思います🌿

    母の従兄弟といえども、初対面!

    なのですが、終始、ジョークとも真実とも思えないような語りに笑いっぱなしです((o(^∇^)o))

    ポツンと一軒家 のDVDもいただきました📀

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました