しょこたん心霊スポット常山城(岡山)に!鶴姫と34人の侍女!映っちゃったTV



%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3


今日はTV各局特番だらけですね(^_^)
何気なしに見ていたんですが、
フジテレビ「映っちゃった映像GP」怖かったです。


あんな深夜に心霊スポットに行くなんて、
あまりやりたくありません(T_T)


鶴姫や常山城などは気になりましたので、
ちょこっと感想などを書いておきます。

鶴姫と34人の侍女

スポンサーリンク





戦国時代にまつわる呪いは多々ありますが、
「鶴姫と34人の侍女」も悲しい話です。


1575年、常山城の城主は織田信長の味方になり、
激怒した毛利家と一戦を交えることに。


劣勢に立たされた鶴姫たち。
34人の侍女たちは皆、討ち死にし、
一人生き残った鶴姫は刀を口に突き刺し…


「死んで呪ってやる」


いわゆる呪い死にということでしょうか。


鶴姫の怨念は441年後の今も存在して…
とにかくあの山の上で大変な悲劇が起きたようです。

常山城


常山全景

常山全景



現在は城はなく、小高い山の上に、鶴姫たちの墓や、
井戸、山頂に腹切り岩が残っているくらいです。

豊臣時代には宇喜多秀家の所領となり、戸川秀安が城主となった。山麓には秀安の墓と位牌所・友林堂(友林は秀安の号)がある。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで宇喜多氏が改易となり、小早川秀秋が当地の領主となるとその家臣の伊岐真利が城主となった。慶長8年(1603年)小早川秀秋が病死し改易となると、池田忠継の所領となり忠継はこの城を廃城とした。



女軍の墓

女軍の墓






昼間に見るとあんまり怖くありませんね。
実は私、岡山の高梨に遊びに行ったとき、
遠くからこの山を見てるんです。


当時は、鶴姫のこと全然知りませんでした。
今日の放送を見て、ちょっと行ってみたくなりました。

映っちゃった?

スポンサーリンク





しょこたんたちが山を登り始めると、
心霊現象なのか、怪奇現象というのか、
いろいろ映っちゃったみたいです。


肉眼では基本的には見えないですが、
カメラには「オーブ」という発光体が写るんですね。


あれって一体何なのでしょう。
人魂(ひとだま)ということでしょうか。


心霊研究家の池田武央氏によれば、
山頂で写った動く物体は「鶴姫」だと。


shoko


あの雰囲気ですから何かが出ても不思議じゃありません。
とにかっくロケが無事終わって良かったです。

まとめ



戦国時代は面白いとは言いますが、
もしその時代に生きていたらと考えると、
ちょっと怖くなりますね。


いつ戦死するか分からないず
今ほど自由な生き方が出来ない。


鶴姫たちのたどった運命を考えると、
今の時代は平和で良いですね。


鶴姫ってどんな顔だったんでしょう
ちょっと気になりますね。
美人だったのかな(^^)

映っちゃった映像

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!