ポツンと一軒家 三重県の海女小屋の場所は?「相差かまど」が美味しそう!





1/14「ポツンと一軒家」初登場の三重県でしたが
断崖絶壁の上の青い小さな建物が紹介されました。

それは家ではなく「かまど」と呼ばれる海女小屋で
海女さんたちが漁の準備をする重要な場所でした。

眼下にはサザエやウニが沢山とれる宝の海があり
三重県の海の豊かさと海女さんの凄さに驚きます。

ポツンと一軒家 (三重県)

スポンサーリンク




上空からの映像を見ると確かに不思議な建物です。

ただマップにははっきりと海女小屋と書いてあり
ロケに行く前からそれは分かっているはずですが
スタッフは「これは何だろう」ととぼけてました。

水中撮影のための機材も事前に持ち込んでいたので
最初から海女さんありきの企画になってましたね。

かまど(海女小屋)の場所は?



場所は三重県鳥羽市国崎町までしかありませんが
北に国崎海水浴場、南に千鳥ケ浜海水浴場があり
沢山の行楽客が訪れる観光スポットのようです。

海女小屋は県道750号線からかなり離れているため
普通の人は立ち入らないし見つけられなさそうです。

ただ多い日は1人で魚介類を60kgあまりのも収穫し
稼ぎも数万円になるという結構な穴場となるため
この情報を聞きつけた密漁者が来ないか心配です。

海女の浜焼き「相差かまど」

スポンサーリンク




ポツンと一軒家の聞き込みのために立ち寄った
「相差かまど」の浜焼きが美味しそうでした♪

店と漁場がすぐ近くなので超新鮮な海の幸を
お腹いっぱい食べれて観光客に人気なんだとか。

店を切り盛りするのも現役の磯着の海女さんたちで
磯着を着た姿が旅情気分を盛り上げてくれますね。

ランチ3500円コースとかチャレンジしたいです♪

まとめ




それにしても83歳の海女さんが水温3度の海に
1時間30分も潜り続けるなんて信じられません。

水深8メートルの海底にへばりついたサザエとか
素人には簡単に取れるものではありませんね。

しかも漁場は「かまど」から200M先の沖合とか。
海女さんたちの職人魂にちょっと感動しました。

漁の道具入れを「タンポ」jと言ってましたが
名前の由来が何なのかちょっと気になります。

これからも海女文化を守っていってほしいですね

ポツンと一軒家

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!