ポツンと一軒家 島根の桐原英進さんとたたら製鉄の歴史が気になる!





2/28「ポツンと一軒家」は豪雪の島根県雲南市掛合町から。
桐原英進さん(88才)と妻の八重子さん(86才)の一軒家。

珍しい「随身像」と「異形狛犬」がある八重山神社が近く
大地主の田部長右衛門のたたら製鉄跡地に家がありました。

105才で亡くなられた母親とのエピソードもステキでした。

 
 

島根の桐原さん


昨年まで6反の田んぼで米を作って出荷してた英進さん。
60kgを12俵ほど納めるのか体力的にきつくなり廃業に。

家の敷地に以前は牛舎があり仔牛を育て販売してたとか。
他にもこれまで炭焼きや林業といろいろされてたよう。

小3の時に父親が33才で先の戦争でフィリピンで戦死し
当時30才の母親がその後6人の子供たちを育てたそう。

しまね欲張り図鑑
八重山神社

たたら製鉄



かつてこのあたり島根の大地主の田部長右衛門の土地で
2万5千ヘクタール(東京ドーム5300個)で事業を展開。

100年前までは日本伝統のたたら製鉄で財を成したとか。
川沿いには約45軒の集落があり鉄穴流しで砂鉄を採取。

英進さん家の前には低温加熱のための巨大フイゴがあり
4日間火で砂鉄を暖め続け良質な玉鋼を作っていたそう。

明治になり外国の安い鉄に市場を奪われたたらは衰退。

親への感謝



created by Rinker
成城石井
¥3,875 (2022/08/16 15:07:40時点 Amazon調べ-詳細)



17歳で嫁入りし10年間で6人の子供を産んだお母さん。
やもめとなった後貧しい生活を余儀なくされましたが

あの戦争の激動の時代を逞しく生き抜かれたようです。

32才からは林業も始め75才まで勤めた上げた英進さん。
母親を最後まで介護して看取れたので後悔はないそう。

妻の八重子さんも働き者で若い時は土木工事にも従事。
護岸工事や道路拡張工事もされたとか島根の人は凄い。

まとめ



ロケ当日は雪が沢山積もっていて英進さんも雪下ろし。
88才とは思えないしっかりした身のこなしでビックリ。

若い頃から肉体労働してきたので今でも体が丈夫とか。
今後のことを質問されると「欲しいものはない」と。

親を看取ることが出来たので約束を果たせたと英進さん。
とにかく今後も元気で二人で頑張ってほしいのもです。

error: Content is protected !!