メンデル ヨンカース(家具職人)囲炉裏をオランダの母にの旅が泣ける!

 
 

 
1/18「TBSメイドインJAPAN」は訳あり帰国が多く
来日20年のメンデルヨンカース(家具職人)さんも
 
ほぼ断絶状態のオランダの母に会うのは8年ぶりで
ピンポンを押すのにも心臓がバクバクの様子でした。
 
最後は誤解がとけハッピーエンドになりましたが
国は違っても伝統職人の跡取りは大変のようです。




メンデル ヨンカース (Mendel Jonkers)

 
 
NURO 光 
 
 
メンデル・ヨンカースさんは広島では有名な方で
優れた大工職人としてだけでなくテレビなどの
メディアにも登場するローカル外国人タレント。
 
お父さんは鍛冶職人ウィレム3世・ヨンカースさん
故郷はオランダの美しい街ゴルセル(Gorssel)です。
 
誕生日は1976年10月31日でハロウィン生まれ。
FBには本人の携帯番号が載ってて驚きました(^^)
 
facebook 
メンデル・ヨンカース

日本からのおみやげ

 
メンデルさんの日本から持っていったお土産は
針がいらないホチキス(ハリナックスプレス)と
 
「ペロカリエンテ プッチペットツル」という名の
形状記憶し刺激を与えるともとに戻る眼鏡拭き。
2つとも安価ですが外国人には驚きだったようです。
 
現地の子供たちからお返しのプレゼントとして
ピコ太郎のPPAPのモノマネが披露されました。
 
日本ではもうブームは終焉したと思いますが
海外ではまだまだ需要があって面白いですね。

ドキュメンタリーなのか?

 
もっと快適なインターネット環境へ 
 
お父さんがオランダ王室御用達の鍛冶職人なので
メンデルさんもその道を継ぐはずだったのですが
 
日本の木工職人や建築物に衝撃を受けて進路変更。
家具職人になるため20年前に日本に移住しました。
 
お父さんが亡くなって母との確執が深まりましたが
日本に来た本当の理由を今回説明して母と和解成立。
 
仲のいい母と息子の関係に戻れて良かったですが
話の流れがいまいちよくわかりませんでした。
 
なんでもっと母に早く真実を告げなかったのか?
そもそも本当に喧嘩してたのか疑問が残りました。

まとめ


 
メンデルさんがオランダで一人での作った囲炉裏は
釘を使わない日本の伝統職人技メイドインジャパン!
 
同じようなものを購入すると幾らか楽天で調べたら
ほぼ100万円とかビックリするような値段でした。
 
工賃はともかく材料費は幾らかかかったと思いますが
あれだけの囲炉裏を短時間で完成させるとは見事です。
 
囲炉裏を囲んでパーティーすると盛り上がりそう♪
ただ火おこしとか備長炭の調達とか大変だったり
換気を注意しないと一酸化炭素中毒とかも心配です。
 
「終わりよければすべてよし」ということでしょうか。
とにかくメンデルさんの仕事は素晴らしかったです。
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました