ポツンと一軒家 静岡県でバイオリンを作る田口陽子さんが気になる!





1/6「ポツンと一軒家」3軒目は静岡県からのエントリー。
すべて檜で作られた立派な家の所有者は田口喜春さん(75)

定年退職を機に見よう見まねで手作りしたとかスゴイです。
妻の陽子さん(72)もDIYでバイオリンを手作りするとか。

山奥のセカンドハウスで悠々自適生活ってステキですね♫

 
 

ポツンと一軒家 静岡県


麓の聞き込みでまさかのポツンと一軒家のお兄さんに遭遇。
田口計秋さんは趣味で木材の一刀彫にハマっているんだそう。

製材所を経営してた計秋さんは余った間伐材にノミをふるい
素人とは思えない見事な布袋様や大黒様を作っていました。

弟さんに電話を入れていただきいざ一軒家を目指しましたが
去年の台風の爪痕でガードレールはゆがみ道路はガタガタ。

静岡県の田口さん



田口さんのセカンドハウスは水は山水で電気は発電機を使用。
沢の水を使った自家発電機はまだ改良の余地があるようです。

田口さんは器用な方で家の他に孫たちのため遊具等を手作り。
休日になると遊び場を求めて孫たちがやってくるんだそう。

周囲は自然豊かな環境で珍しい花や山菜が沢山あるんだとか。
陽子さん曰く山の生活は発見がいっぱいで飽きないんだそう。「

手作りバイオリン



created by Rinker
成城石井
¥3,875 (2022/08/17 15:08:45時点 Amazon調べ-詳細)



セカンドハウス横の樹楽工房では作業スペースがありますが
陽子さんもDIYにハマり何でも自分で作ってしまうんだとか。

60歳まで保育士として働いてきた陽子さんですが手先が器用。
大きな大工道具を巧みに扱い職人さんのような仕事ぶり(^^)

バイオリンまでも手作りするとか趣味の領域を超えてますが
ちゃんと演奏もできるので欲しがる人もいるかもしれません。

まとめ




ここを建てたのは定年後に暇になる妻のためと言う喜春さん。
家の設計から組み立てまでほぼ一人でやってのけたんだそう。

孫の描いた絵のとおりに櫓を作ってあげたり優しい方ですね。
思い出の沢山詰まったセカンドハウスの今後が気になりますが

陽子さん遺言で次女の子供たちに管理をお願いしてるんだとか。
いずれにしてもお二人にまだまだ元気でいて欲しいものです。

error: Content is protected !!