ポツンと一軒家 三重県熊野市の平家の末裔の瀬戸元さんが気になる!





3/7「ポツンと一軒家」は三重県熊野市五郷町からでしたが
家主は源平合戦の平家の落人の末裔らしい瀬戸元さん(62)

近くには平維盛が開いた光福寺があり奈良に抜ける古道も。
竈と火吹き竹が今でも使用されていてまるで時代劇の世界。

800ccBMWに跨る元さんの次の目標は露天風呂を作ること♪

平家の落人





家は築約150年で昔は杉の皮吹き屋根で牛舎もあったそう。
元さんは言い伝えによると平家の落人から21代目の当主で

代々この土地で林業や稲作などで生計を立ててきたんだとか。
曽祖父は銀行の支店長でしたが祖父は道楽者だったと元さん。

おかげで長男だった父親が中卒後に必死に働いてくれたそう。
20年前に農家は廃業し父親は50代前半で胃がんで帰らぬ人に。

母のために



家には4年前まで現在94才になる母親が暮らしていたんだそう。
転倒して腰の骨を骨折したので今は姉の元で生活しているとか。

年に一度家に来る母親のために元さんが実家をきちんと管理中。
ピカピカの大黒柱は子供の頃毎朝に元さんが磨いてたんだそう。

ある部屋にはカラオケや高級なオーディオ機器がありましたが
ポツンと一軒家なので大音量でアナログレコードが聴けるよう。

消防士を退職





高校卒業後に18才で消防士になり昨年の4月に退職した元さん。
消防団の副団長だった父親に憧れて消防士を目指したそうです。

最後は市の消防長にもなりましたが忘れなれない思い出があり
2011年9月の紀伊半島大水害で3日間不眠不休を体験したとか。

現場の指揮官として働き5日後に戻ると家も浸水していたそう。
倉庫のゴムボートはそうした水害の際に使用するためだとか。

Amazon
bmw バイク プラモデル

まとめ



あの家から麓の小学校まで約3.5kmの距離で通学に1時間。
中学になってからは自転車通学でしたが未舗装の道に苦戦。

スポークが折れたりパンクやらで3分の1はトラブルだらけ。
高校からはバイク通学でそれがきっかけでバイク愛好家に。

一軒家の周辺はオフロードバイクで走るのには最高ですね。
一番驚いたのは一日でお餅を15臼つくというイベント(^o^)

朝の6時頃から昼過ぎまでノンストップだそうで凄いです。


関連記事

1/14「ポツンと一軒家」初登場の三重県でしたが 断崖絶壁の上の青い小さな建物が紹介されました。 それは家ではなく「かまど」と呼ばれる海...

3/15「ポツンと一軒家」前半は三重県度会郡南伊勢町。 崖の上の家のかつての住人は故東好さん(享年93才) 家というよりむしろ趣味のカラ...

2/2「ポツンと一軒家」は三重県度会郡大紀町がエントリー。 いろいろありましたが訪問したのは阿知波さんのお宅でした。 一緒に暮らしている...

5/17「ポツンと一軒家」後半は三重県松阪市が登場。 山本さん親子が所有する山の様子が紹介されました。 母親の芳子さんは71才ですが本当...

見逃し配信

ポツンと一軒家過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!