ナイトスクープ タコ嫌いのたこ焼き屋!久王の奥田益之さんが面白い!





2/12「ナイトスクープ」最後は和歌山の奥田智子さんから。
たこ焼き屋の父親のたこ嫌いをどうにかしてほしいとの依頼。

味が美味しくてそこそこ繁盛しているたこ焼き屋の「久王」
そこの主人がまさかのたこが怖くて触れず食べれない(^o^)

苦手克服ミッションがナイトスクープらしくて最高ですね。

タコが怖い






昨年の3月までバスの運転手をしてた父親の益之さんですが
定年の直前にまさかの退職そしてたこ焼き屋オープンの決断。

手軽の儲けられるからと家族の猛反対を押し切ったんだそう。
問題は益之さんがたこ嫌いでたこの仕込み作業は家族が担当。

冷たい水で毎日たこを洗ったり切ったりと母親も大変ですし
自分も仕事で忙しいので父親に自分でやってほしいんだとか。

たこ焼き 久王



ということでナイトスクープの依頼を伏せつつ偽ロケを開始。
寛平さんがぶらりと久王を訪れて益之さんにあれこれ質問を。

自分の作ったたこ焼きを食べてみと言われ益之さん絶句(^o^)
その後車の中でモニタリングしてた母娘が登場しネタバラシ。

たこを見て逃げ回るたこ焼き屋さんてまるでコントでしたが
家族の真剣な気持ちを察しお父さんたこ克服を決意しました。

苦手克服





特訓の場所はかつらぎ町天野交流センターで3つの課題に挑戦。

①生きたタコを触ってみよう
②強制的にタコに慣れさせる
③巨大タコを手に取り隣の部屋に移動。

①はまだマシですが②はタコが蜘蛛みたいに上から落下(^o^)
3匹の生きたタコがお父さんの体や顔にまとわりつき地獄絵図。

③は青森から来た巨大ミズダコ17kgを素手で掴んでオンザ肩。
隣室の料理場の寸胴にインして無事ミッションコンプリート。

まとめ



ミズダコがもし生きていたならどうだったかは分かりませんが
もうここまで来ると死んだタコへの恐怖心は皆無のようですね。

その後タコを茹でてたこ焼きにし人生初めてのたこ焼きの試食。
「海の香りがタコ焼きの中に広がってるのがわかる」と満足気。

益之さんの奮闘ぶりに母娘も「カッコイイ」と見直したみたい。
苦手意識克服の方法はいろいろありますが今回は大成功ですね♪

見逃し配信

ナイトスクープ過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!