ミカサ
ミカサ
ナイトスクープの過去動画を見るならU-NEXT 番組公式サイトはこちら

 

ポツンと一軒家 福岡県久留米市の丸山無民さんと阿吽叢林が気になる!





6/19「ポツンと一軒家」は福岡県久留米市高良内町が舞台で
3世代6人で暮らす丸山無民さん(46)の家が紹介されました。

祖父の代から酪農をしていて52年前に山頂に家を建てたそう。
尊敬する画家の父親・桂三郎さん(享年86)は11年前に他界。

母親の和日子さん(74)と3人の子供たちは元気でしたね(^^)

  
 

スカパー

  • 約80チャンネル
  • DVDへのダビングもOK
  • 1チャンネルから契約OK
  • 自宅のテレビで楽しめる
  •  
    【公式サイト】スカパー!

     

    尊敬する父


    小学校まで8kmの道のりを妹と一緒に徒歩で通ってた無民さん。
    当時の映像が「うちのお父ちゃん」(フジTV)にありました。

    30年前まで電気がなくてディーゼルで自家発電していた丸山家。
    画を売って得たお金(年収50万円ほど)でやりくりしてたとか。

    父親は絵を商売道具とはせずに滅多に人に売らなかったそうで
    薪割りや鋸の使い方など何でも必要なことを教えてくれたとか。

    故郷へUターン



    東京のメディア専門学校を経て映像製作会社に就職した無民さん。
    競馬や競艇のレース中継でカメラやスイッチャーをしていたそう。

    29才で故郷へ戻ってバドミントンで知り合った恵美さんと結婚し
    一男二女を授かって現在は電気給湯器販売の営業をしているとか。

    大反対された24才差カップルの両親の結婚話も面白かったですね。
    「結婚できなかったら画家を辞める」の一言で和日子さんが承諾。

    阿吽叢林



    桂三郎さんが地域住民の憩いの場として作ったのが「阿吽の森」
    スポーツ広場を無料開放してジップラインなどが楽しめたとか。

    ツリーハウスもありみんなでキャンプファイヤーで盛り上がる。
    現在は阿吽叢林(あうんそうりん)と名前は変わっているそう。

    個性的な父親でしたが人嫌いでも孤独でもなかったと無民さん。
    自然豊かな山でのびのび暮らしたいという信念だったようです。

    まとめ



    夫が描いてくれた肖像画(30代)が宝物だという和日子さん。
    人物画も風景画もダイナミックで優しいタッチが印象的ですね。

    絵を保存してる部屋になぜか瓶詰めされた野菜や果物がズラリ。
    漬け込んだ梅やサルナシや菊芋を孫たちが喜んで食べてました。

    ドクダミを20度のアルコールでつけた液体は自然の消炎剤とか。
    無民さんの夢を応援してるという子供たちが可愛いかったです♪

    error: Content is protected !!
    NHK”朝ドラ”の見逃し配信ならU-NEXT
    公式サイト