ポツンと一軒家 和歌山県の殿地蔵尊と宇恵孝志さんが気になる!





6/6「ポツンと一軒家」は和歌山県紀の川市桃山町が舞台ですが
宇恵孝志さんと山口哲男さんのそれぞれの家が紹介されましたね。

宇恵(うえ)さんは地元の守り神として知られる殿地蔵尊の近く。
山口さんの家は少し離れた場所で3世代で仲良く暮らしてました。

珍しく2軒が取り上げられましたがどちらも心温まる話でしたね。

 
 

紀の川市桃山町


まず一軒目の宇恵さんですが家には猪除けのマネキンの首が。
生家はもっと山奥にあり今の家は中学の時に引っ越したそう。

小学生のときは徒歩で麓の学校まで片道1時間40分の道のり。
あまりの遠距離通学のため地元の新聞に取り上げられたとか。

3人姉弟の末っ子で中学卒業後に鉄工所に就職した孝志さん。
事務員だった春代さんと昭和47年に職場結婚したんだそう。

築100年の家



14年前に両親が他界してから家は空き家で孝志さんが管理。
なぜか分からないけどこの家に頻繁に足が向かうんだそう。

取材の日も大きな釜でタケノコを湯がき周りには魚の燻製。
幼い頃に両親が正月に一匹魚の燻製を作ってくれたそうで

今自分が同じことしていると笑みを浮かべる孝志さん(^o^)
2人の姉も月に2~3回ここの来ては畑仕事をしてくれるそう。

殿地蔵尊



created by Rinker
成城石井
¥3,875 (2022/08/17 15:08:45時点 Amazon調べ-詳細)



一つ気になったのは近くになる「殿地蔵尊」なるスポット。
毎日車が5~6台ほどやってきて参拝する人がいるそうです。

いわれははっきりしないものの100年以上前からある守神。
孝志さんのお父さんが生前はここを管理してたようですね。

毎年2月の14日15日に餅撒きのお祭りがあり人気だとか。
あの山奥に100人くらい人が集まるらしく気になりますね。

2軒目の家



2軒目は山口さんの家ですがもとは築200年の茅葺きの家。
妻の純子さんの実家らしく19年前に麓の家から引っ越し。

終の棲家として夫婦で暮らすはずが奥さんが昨年に怪我。
大腿骨を痛め約4ヶ月入院後に退院し今は自宅療養のよう。

長女夫婦が介護援助のために現在同居しているようです。
5人で食卓を囲み笑いの耐えないステキな家族でしたね。

まとめ



この辺りは野鳥が沢山見られ山口さん楽しみのようです。
ヤマガラ、フクロウ、キツツキ、メジロ、ウグイスなど

人を怖がることなく近づいてきて本当に可愛いですね。
ゴルフ場開発が頓挫し豊かな自然が守られ良かったです。

2つの家をまとめたのでちょっと駆け足になりましたが
どちらの家族にも興味深いストーリーがありステキです♪

error: Content is protected !!