ポツンと一軒家 淡路島の別荘はどこ?福田聖さんが気になる!





5/30「ポツンと一軒家」は兵庫県南あわじ市阿万西町が舞台。
元リゾート地の別荘をリフォームした家に住むのは福田聖さん。

バブルに湧く45年ほど前に兄と建てた思い出の家なんだそう。
眼下に瀬戸内海その先に大鳴門橋が見える絶景が素晴らしい。

亡くなられた兄の豊さん(享年74)との絆もステキでしたね。

南あわじ市阿万西町





最初に目指した木々に埋もれた家は予想通り空き家でしたね。
ということで玉ねぎ農家や温泉スタンドの方の情報を頼りに

赤い車に乗る独り暮らしの福田聖さんのお宅を伺いました。
80坪の土地に建つ別荘に24年前に移り住んだという聖さん。

兄と共同経営の伊丹のアルミ鋳造会社を平成9年に手放して
58才からこの家で悠々自適な第二の人生を楽しんでるそう。

元リゾート地



先の戦争では京都に疎開し戦後は大阪に移住した福田さん。
お父さんは「甲種合格」で戦地に行かなくて良かったそう。

親子3人で立ち上げたアルミ鋳造会社はその後大きく成長。
兄が60才の時に予定通り会社をたたみリタイヤしたとか。

二人とも仕事にがむしゃらでずっと独身だったようですね。
別荘は必死に働いた自分たちへのご褒美だったのでしょう。

西国三十三所巡り





残念ながらお兄さんは仕事をやめてしばらくして癌になり
術後しばらく持ち直すもやがて認知症になり74才で他界。

兄の死をきっかけに聖さんが始めたのが西国三十三所巡り。
総距離約1000kmの巡礼を合計36回もやってきたとは驚き。

6つの軸装納経帳にぎっしりと御朱印が押してありました。
8階級ある先達の中でも最高位の「特任大先達」の聖さん。

まとめ



独り暮らしゆえ自分の遺影やお墓をもう準備してる聖さん。
法名(戒名)も「明徳院釋聖信」とすでに決まってるとか。

今何をしたいかの問いに「それが難しい」と答えてました。
コロナ禍でどこにも行けずに時間がもったいないんだとか。

確かに高齢の方にとって1年のという時間は意味が違います。
早くコロナが収束して好きなことを楽しんでほしいですね。

見逃し配信

ポツンと一軒家過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!