ポツンと一軒家 高知県大豊町の宮内幸恵さんの人生が凄すぎる!





1/3「ポツンと一軒家」新春3時間SP最後は高知県大豊町。
宮内幸恵さん(みやうちこうえ)の人生が凄かったですね。

お姉さんが福恵さんなので幸恵さんは「こうえ」と読んで
二人合わせて幸福になるという縁起の良い名前みたいです。

88才とは思えないほどパワフルで毎日楽しそうでした(^o^)

宮内幸恵さん





昭和28年に22才で2才年上の登さんと見合い結婚の幸恵さん。
5人の子宝に恵まれましたが生活のため夫婦でずっと共働き。

25年前旦那さんが亡くなり息子さん3人にも先立たれたそう。
現在一人暮らしですが2人の娘さんたちがしっかりサポート。

チャーテというハヤトウリや柚子などを栽培する自給生活で
コンニャクや柚子味噌を作る方法などを教えてくれてました。

息子が建てた家



25年前に息子さんが建てた家は自慢したくなるものでしたが
山の湧き水があまり出ないので300m下の空き家にお引っ越し。

そこの場所も水が枯れはじめたのでまた上の家に戻ったそう。
人が住まなくなった下の家は哀れな廃墟となっていましたね。

旦那さんは30年間も現場仕事で家に帰るのは盆と正月くらい。
老後は二人ゆっくり出来るはずだったのに残念なことですね。

元気な88才





幸恵さんも家計を助けるため60才まで土木作業をしてたそう。
建築現場でセメントを運んだり型枠の手伝いとか凄いですね。

仕事から帰ると裸電球を畑に引いて野菜の手入れを遅くまで。
娘さんはそんなパワフルな母の姿を今も鮮明に覚えてるとか。

4年前に脳梗塞で倒れて3日間も意識不明状態になりましたが
後遺症もなく回復し88才には見えない元気っぷりでした(^o^)

まとめ



麓から重たい冷蔵庫を担いで山頂の家まで登った幸恵さん。
若い頃に土木作業で鍛えられたので可能だったんでしょうね。

コンニャクをヘラでかき混ぜる作業も余裕でこなしてました。
今のひとり暮らしの生活は「殿様のよう」と例えてましたね。

身を粉し働いた人生でしたが少しも悲壮感は感じられません。
幸恵さんの満ち足りた笑顔が全てを物語ってるようでしたね。


関連記事
4/4「ポツンと一軒家」は高知県四万十市西土佐大宮から。 一軒家のご主人は元気な73才の元農協職員の高田孝司さん。 広々とした土地で3世...

5/17「ポツンと一軒家」前半は高知県津野町が登場し 高野昭雄さんの美しい山頂の公園が紹介されました。 「娯楽施設」という評判どおり様々...

11/3「ポツンと一軒家」前半は高知県高知市鏡吉原がエントリー。 山が折り重なる絶景が見える一軒家が紹介されるので楽しみです。 恐らく高...

2/10「ポツンと一軒家」前半は高知県吾川郡いの町からで ひとり暮らしの伊藤種子さん(78)が出迎えてくれました。 孫9人ひ孫7人に恵ま...

見逃し配信

ポツンと一軒家過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!