ポツンと一軒家 福島の今井さんの工房は?毘沙沢の家具がオシャレ!





8/19「ポツンと一軒家 」は久々の放送で2時間SP
なんと10月からレギュラー放送決定とか驚きですね。

今回は4軒の家が紹介されましたが最初は福島県から。
豪雪地帯で家に閉じこもり越冬をする今井さん夫婦。

悠々自適に自由に暮らす生活スタイルは憧れますね♪

 
 

ポツンと一軒家 福島県


最初に目指したポツンと一軒家は空き家で空振りとか。
いうものパターンで次に紹介されたのは隣町の一軒家。

突然の訪問にスタッフを歓迎してくれたのは今井博さん

1994年に古民家を購入し6年をかけて改修したんだそう。
30年間一級建築士で働いた後2001年秋より定住したとか。

今は奥さん富美恵さんと仲良く田舎暮らしを満喫中のよう。
夫婦の趣味がホルンとフルートとかオシャレですよね(^^)

工房毘沙沢



気になる再生古民家のある場所はマップにあるとおりで
ポイントに「毘沙沢」とあるのは工房の名前のようです。

自宅までの山道は割とキレイに整備されていまししたが
麓の町まで距離約2.5kmとかなりポツンと感があります。

工房毘沙沢では家具の受注生産や修理などをしてるそう。
全国にファンがいて来年の春まで注文が溜まってるとか。

豪雪も楽しい?



created by Rinker
成城石井
¥3,875 (2022/08/17 15:08:45時点 Amazon調べ-詳細)



積雪が約3mにもなる豪雪地帯ですが除雪車は来ないそう。
家の外に出るには屋根から降りるとか冬は過酷そうです。

越冬用に食料を貯めこむとかまるで昭和基地のようです。
薪ストーブも効果があまりなく室内気温-20度になるとか。

冬の外出はカンジキを履いて歩いて町まで2.5kmの往復に。
夢の古民家暮らしも決して楽ばかりではなさそうですね。

まとめ




自宅で家具を作ってましたがあれを出荷するとなると
雪が降る前に終わらせないとどうにもならなそうです。

今井さん宅の宅配便や郵便はどうなってるんでしょう。
ガスはプロパンにしても電気はあるのか気になります。

外出できない冬に夫婦喧嘩してしまうなら最悪ですが
そんな心配もいらないほど二人は仲が良さそうでした。

「冒険心がある若者には同じことに挑戦してほしい」
そんな素直な気持ちを熱く語る今井さん夫婦でした♪

error: Content is protected !!