ポツンと一軒家 熊本県「鳥飼酒造」の 鳥飼和信さんがカッコいい!

 
 

 
3/24「ポツンと一軒家」熊本県からは米焼酎「鳥飼」が登場!
全国的に知られた酒造メーカーに訪問とは面白い展開ですね。
 
おしゃれでダンディな社長の鳥飼和信さんもステキな方でした。
雄大な森林に守られたの地下水が鳥飼の味の決め手なんだそう。
 
こんな美しい場所で作られるお酒は美味しいに決まってますね♫




鳥飼和信さん

 
 

 
 
 
鳥飼和信さんは創業400年の蔵元「鳥飼酒造」の7人兄弟の末っ子。
高校卒業後は家業を継ぐことなく上京し画家を目指したんだそう。
 
24才のときに先代の父が倒れたので13代目を引き受けたんだとか。
米焼酎「鳥飼」の大ヒットで会社の経営状態は立て直したんだそう。
 
工場がある場所は鳥飼さんが子供の頃よく遊んだ宝のような草津川。
川の上にベッドを浮かべ読書をしてたとか楽しい思い出がいっぱい♫
 
公式HP 
鳥飼酒造

鳥飼酒造


 
工場のまわりは本当に何もなく環境保全の点で申し分ないですね。
約150ヘクタール(東京ドーム30個)の土地を鳥飼さんが所有とか。
 
産廃業者から美しい自然を守るために19年前に買い上げましたが
土砂崩れが起きないよう山の整備も欠かすことはできないそうです。
 
「山が健全でなければ川は健全になれない」はまさに至言ですね。
沢の奥にあった20mの落差がある滝は幻想的で本当にキレイでした。

米焼酎「鳥飼」

 
米焼酎「鳥飼」は楽天やアマゾンでも買える人気ブランドですが
社長の思いや理念を聞いた後はすごく崇高な印象を持ちました。
 
「酒造りのルーツは神事」という鳥飼さんは何か仙人のようです。
美味しい酒は他に沢山ありますが米焼酎「鳥飼」は魅力的ですね。
 
川の水で冷やされた龜(かめ)の焼酎はどんな味なんでしょう?
低温熟成でさらに繊細かつ上品に仕上がってそうで気になります♫

まとめ


 
キレイな水が豊富にありミネラルウォーターも美味しそうです。
鳥飼のブランドで販売したらそれも人気になりそうですね(^o^)
 
ここが19年前に産廃業者に売却されてたと思うとゾッとします。
ゴミが山々を汚染して川や地下水までもがダメになってしまう。
 
鳥飼和信さんの決断は単に酒造メーカーの社長という枠を超えて
かけがいのない日本の宝を守るという英断であったと思います。
 
これからもずっと美味しい米焼酎を沢山作ってほしいものです♫

2020/8/16放送分


 
一年半ぶりの登場でしたが鳥飼さんお元気で安心しました。
残念ながら球磨川氾濫の影響で事務所は浸水したようです。
 
瓶詰め作業は何とか再開しましたが大変なダメージですね。
鳥飼さんピンチをチャンスに考え創造的復旧を目指すそう。
 
山奥の蒸溜所とキレイな川が無事だったので良かったです。
全国のファンに沢山「吟香鳥飼」買ってほしいものですね。
 
 
 

コメント

  1. 潮田 基 より:

    鳥飼様
    この前、和久井君から電話があり、「阿佐ヶ谷に居た頃・・鳥飼君を覚えているか?」
    と。52年前の事でしたが、苗字が珍しいので、かすかながら「面長で・眼鏡をかけ、物静かで、牧師さんのようにニコニコしながら恥ずかしそうに後ろから声をかけ、何処か坊ちゃん育ちのようで・・歩き方に特徴がある者か?」と言ったら・・・・「それだ!!」と言ってましたが。本当に阿佐ヶ谷美術学園にいた方ですか?私は夜間部のデッサン科にいて、目立たない泥臭い東北人の潮田と申します。多分思い出さないでしょう!!・・・そういえば、和久井、その他に宮本・砂川、などいました・・・

    • Maki Akuta より:

      鳥飼酒造の鳥飼さんは、本当に阿佐ヶ谷美術学園にいたあの鳥飼さんです。私も当時、阿佐ヶ谷美術学園の夜間部に籍を置いていました。和久井さん、宮本さんも覚えています。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました