ナイトスクープ 家を勝手に売った父!宮部陽光さんが面白い!

 
 

 
4/12「ナイトスクープ」一人目は滋賀県の宮部陽光さん(21才)
鹿児島にある実家のことで父親に謝罪してほしいとの依頼でした。
 
今年2月に相談もなしに実家を売却したことが許せない陽光さん
悲しみと怒りを抱くものの父親に面と向かっては言えないそう。
 
父親への謝罪要求を番組が間に入ってサポートしてほしいとか。



家を勝手に売った父

 
 
「ポツンと一軒家」の見逃し配信ならU-NEXT!水曜日更新  
 
 
龍谷大学4回生の陽光さんは実家のある鹿児島県が大好きだそう。
勉強が大嫌いなので滋賀県の生活は苦痛で眠りも浅くなったとか。
 
鹿児島に帰る実家があるから大学生活を頑張れたという陽光さん。
鹿児島は人が温かくて居心地よくぐっすり眠れて最高なんだそう。
 
父親に謝罪を求めるもそれ以外に文句はなく感謝してるそうです。
ということで1週間後に入居予定の鹿児島県霧島市の実家を訪問。

お別れの儀式


 
実家の表札はすでに取り外されて不動産会社の社長がスタンバイ。
家の中は空っぽでリフォームもほぼ完了して新居のようでしたね。
 
陽光さんは2Fのかつての自分の部屋でしばし思い出にふけった後
暇乞い(いとまごい)という浄土真宗のお別れの儀式をスタート。
 
訳の分からないまま真栄田探偵も念仏に付き合わされていました。
2007年5月に竣工した思い出がいっぱい詰まった我が家とのお別れ。
 
ベランダから見える田んぼや飛び交うカモたちももう見れません。

まさかの結末

 
 
ナイトスクープ過去動画を見るならU-NEXT!まずは31日間無料トライアル!  
 
 
最後は転勤先の滋賀県から父親に来てもらい事情を説明しました。
すべてを包み隠さず話すということで父と息子でお風呂の湯舟へ。
 
陽光さんは敬意を込めつつも父親に謝ってほしいとお願いすると
父親が実家に戻ってまた住もうと言った相手は母親だったと判明。
 
遠い昔のことだったので陽光さんの記憶が曖昧だったようですね。
父親が約束を反故したわけではなく結局は見当違いの怒りでした。

まとめ


 
番組に依頼しなくても父親と話をすればなんとかなる依頼でした。
状況からするといわゆる親子の会話がしばらくなかった感じです。
 
真栄田探偵の「お前に憎しみはいらんかなぁ」が良かったですね。
ちょっと変わってはいるものの純粋で真面目なキャラの陽光さん。
 
父親をずっと憎み続けて親子ともに不幸にならずにすみましたね。
ラストは息子が父親に謝罪して終了したのでいい終わり方でした。
 
 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました