晴雲坊36丁 山梨県七面山の宿坊が気になる!ポツンと一軒家





8/18「ポツンと一軒家」は久しぶりの山梨県が登場のようですね。
急傾斜の山道を徒歩2時間かかる標高1400mにある家なんだそう。

地図で確認するとかなりエゲツない場所にその建物がありますね。
住所は山梨県南巨摩郡早川町赤沢ですが何やら不思議なマークが。

「晴雲坊36丁」つまりここは身延七面山の参拝コースのようです。



山梨県早川町


早川町の観光案内を見ると面白いのがいろいろありますね。
やはり南アルプス山岳コースなどは鉄板で人気のようです。

早川渓谷ドライブコースの奈良田温泉とか気持ち良さそう♪
気になるのは信仰コースの身延山・赤沢宿・七面山めぐり。

今回のポツンと一軒家は日蓮ゆかりの霊山の中にあるとか。
法華経信仰の聖地・七面山の寺にまつわる施設のようです。

観光情報
早川町役場

晴雲坊36丁



グーグルマップにすでに「晴雲坊36丁」と書かれてますね。
文化元年(1804)善心日修法師が創立したとされています。

この時点で明らかに普通の民家でないことが分かりますが
捜索隊は何も知らずに目的地を目指したのか気になります。

予告に登場の天然記念物の野生動物がよく分かりませんが
顔の形や全体的な感じからはニホンカモシカでしょうかね。

画像
晴雲坊

身延七面山



WOWOW_新規申込


文永11年(1274)に日蓮聖人が身延山に入山したんだそう。
徳川家康の側近であるお万の方ゆかりの地としても有名とか。

七面山の麓から山頂に行くには表参道か裏参道を通りますが
おおよその目安で片道を大人4~5時間かかるのが普通だそう。

たぶん晴雲坊36丁には管理人のような人がいるんでしょうね。
「おでんが美味しかった」という書き込みが気になりますが。

ライブカメラ
七面山山頂

まとめ

七面山日参行


上の動画は「七面山日参行」ですがハードな修行のようです。
凛とした空気が張りつめて山岳信仰の雰囲気が伝わりますね。

今回なぜ番組はこの場所をロケ地にし放送しようとしたのか?

実はプロデューサーが日蓮宗というオチではないと思いますが
いつもとちょっと違うテイストでそれはそれで面白そうですね。

スタジオゲストは本仮屋ユイカさんなのでそれも楽しみ(^o^)
「人がいないと不安」という彼女は田舎暮らしは無理っぽい♪

8/18追記



参道の宿坊・晴雲坊36丁にいたのは坊守の鈴木さん親子。
94才のちえこさんと娘さんが参拝者をもてなしてました。

あの険しい道をたまに歩いて下山するというちえこさん。
往復30万円もする強力という駕籠は高くて使わないそう。

山頂の敬慎院で二人のお孫さんが僧侶として仕事中とか。
ちえこさんにはずっと元気で坊守をしてほしいものです。

2020年6月7日放送


今回もコロナの影響で再放送プラス電話取材のパターン。
チエコおばあちゃんは95才になりましたが元気でしたね。

番組放送後に有名人になり登山客もおばあちゃん目当て。
ロシア人の女子たちもやってくるなんてスゴイです(^o^)

捜索隊の方としっかりいい関係が出来ていていいですね。
コロナが収束したらぜひもう一度訪問してほいいもです。

error: Content is protected !!
Amazonの「聴く」読書を30日間無料体験
会員登録する