ポツンと一軒家 福岡県飯塚市のどこ?梨農家の山中建治さんがスゴイ!





11/3「ポツンと一軒家」後半は福岡県飯塚市内野の梨農家さん。
84才なのにバリバリと働く山中建治さんがとてもステキでした。

急斜面の山を上り下りして広い農園の消毒や梨の収穫に大忙し。
妹の箱守千代子さんが「素晴らしい兄」というのも納得ですね。

韓国での生活や終戦後の暮らしは大変貴重で勉強にもなります。

飯塚市の山中建治さん





父の彦一さんと母のハツヱさんは福岡出身で韓国で知り合い結婚。
建治さんは4人兄弟の長男で韓国には小学4年生までいたんだそう。

京城府桜井町1丁目57番地に住んでいて当時の韓国は日本そのもの。
70万人以上の日本人がいて日本語が溢れ三越百貨店もあったとか。

終戦後は興安丸で引き上げBHC室で全身に殺虫剤を噴霧されたそう。
引き上げ者は全体で318万人もいたそうでまさに激動の昭和ですね。

元開拓者用の家



政府は引き上げ者のため積極的に土地を与え開拓させたようです。
ただ電柱は国から借金して自分たちで建てたので大変だったとか。

この辺りに当時は6軒ほどありましたが今は山中さんだけだそう。
屋根が低いのは元開拓者用の2間(50坪)の家を建て継いだから。

当初はサツマイモを栽培するも徐々に値段が下がっていったそう。
建治さん19才の時に梨農家に弟子入りしその後は梨の栽培に転向。

梨農家の今後





梨は植えてから5~6年ほど実がならないのでその間は養鶏も経験。
今は二十世紀梨、豊水、愛宕、新興、新高の5種類を栽培中とか。

一本の木に梨は5~600個もなり収穫は朝の涼しい時間に行うそう。
その日に出荷する分だけ収穫するので新鮮な梨を提供できるとか。

どちらにしても腰を曲げながら手作業での収穫はかなりキツそう。
息子さんが若くして亡くなったので後継者がおらず困ってるとか。

まとめ



戦後間もない頃は一日1000円で家族は暮らせた時代だったそう。
それでも家計が苦しく建治さんは長距離トラックドライバーに。

定年後実家に戻り本格的に家業を継ぎましたが建治さんも高齢。
立派な梨農園が跡継ぎが見つからずになくなるのは残念ですね。

番組を見た志のある信頼できる若い人にぜひ手を挙げてほしい。
建治さんの年齢を考えると後継者問題はもう待ったなしですね。


関連記事
3/15「ポツンと一軒家」後半は福岡県糸島市からですが 住人は18年前に福岡市内から移住してきた吉田興平さん。 現在は奥さんとふたりで田...

見逃し配信

ポツンと一軒家過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!