ポツンと一軒家 愛知県岡崎市の清水龍生さんの遊び場が楽しそう!





11/10「ポツンと一軒家」前半は愛知県岡崎市がエントリー。
山上の遊び場で炭焼きを趣味にしてるのは清水龍生さん(75)

家は麓にありますがほぼ毎日炭焼きのため山に来るんだそう。
昨年に見つかったステージ4の肺がんも今は小さくなったとか。

抗がん剤の効果もありますが大自然のパワーも関係していそう。

 
 

岡崎市の清水さん


清水龍生さんは20~27才まで自衛隊施設科に配属されていたそう。
施設科とは災害時に道路や橋の修復や建設を担う部隊なんだとか。

被災者支援の風呂場や船を並べた仮設の橋も作るとはスゴイです。
除隊後は建設関係の仕事場で修行をして2級建築士の資格を取得。

7~8年前に山上に炭焼き小屋を建て始め現在に至ってるんだそう。
ご自身は遊び場と言ってましたが確かに楽しそうな場所ですね♫

ステキな炭焼き小屋



番組グーグルマップと建物の見え方が違うのはバージョン違い?
場所は上の地図で間違いないはすですが山深い場所にありますね。

炭焼きは60才から自己流で始め1度に12kgを2日間で作るんだそう。
炭窯は一般的なレンガ造りではなくドラム缶で出来てるようです。

他にも川を掘って竹炭で濾過し薪で炊く五右衛門風呂がオシャレ。
素晴らしい景色を見ながら気の合う仲間と露天風呂は最高ですね。

残りの人生



created by Rinker
成城石井
¥3,875 (2022/08/17 15:08:45時点 Amazon調べ-詳細)



肺がんは手術ができない状態で余命は約3年と言われましたが
抗がん剤が体にあっていたのか徐々にガン細胞が減ったそう。

現在は毎朝午前3痔に起きては長女の働く新聞配達店の手伝い。
7痔まで働いてその後は山に行き炭焼きを行うサイクルだとか。

ほとんどのことはやりきり今は「残りの人生」という龍生さん。
友人たちを招いてバーベキューや芋煮会をするのが楽しいそう。

まとめ



後半にやってきた友人の2人は自衛隊の新兵の時の同期だそう。
1964年東京オリンピックからの付き合いとかまさに戦友ですね。

友人たちは「ポツンと一軒家が来そうだ」と予想してましたが
これもそれも番組が有名になり特に年配者に支持されてる証拠。

清水龍生さんはこの後にポツンと一軒家を紹介してくれました。
近所の友人で世界的な芸術家の国島征二さんも気になりますね。

error: Content is protected !!