ポツンと一軒家 愛媛県新居浜市 近藤武さんの600坪の庭園がスゴイ!





3/31「ポツンと一軒家」二軒目は愛媛県からのエントリー。
新居浜市の近藤武さん(88才)の600坪の庭がステキでした。

朝から晩まで植木いじりに没頭するのが健康の秘訣なんだそう。
たったひとりでコツコツとやってきた仕事は大変なものでした。

美しい庭がテレビで全国放送され近藤さんも嬉しそうですね♫



新居浜市 近藤武さん


近藤武さんは中学卒業後に中学卒業後に通いで働いたそうですが
片道1okmの道を歩いて2時間かけて通勤とか信じられませんね。

今の家は65年前に建て周辺を開拓し畑や田んぼをやってたそう。
3人の子供はそれぞれ独立して今は妻の智恵子さんと二人暮らし。

65年前は近藤さん23才ですがそれまでの家はどこなんでしょう?
この家から住友鉱山に通ったという話とつじつまが合いません。

600坪の庭のある家



約300本の植木がありどれも0円ですべて近藤さんが植えたそう。
美しい鶴と亀に成形した植木が完成するのに数十年はかかるとか。

根っこがむき出しのもみじの木は威風堂々とした佇まいで大迫力。
山頂から400mのパイプで引いてきた水が落ちる滝もなんとも贅沢。

枝垂れ梅のなんとも上品な姿に近藤さんの木への愛情を感じます。
植木道具もきっちりと手入れされまさにプロフェッショナルです。

切り株アート



WOWOW_新規申込


近藤武さんのもう一つの趣味は木の枝や切り株を使ったアート。
面白い形をしたものを山で拾ってはただひたすら磨くんだそう。

大量生産が可能と思いきや逆に1年に1つほどしか作れないとか。
このアートは何のジャンルかは分かりませんが面白そうですね。

龍や麒麟や鹿を模した作品はどれも生命力に溢れステキでした。
こんなに好きなことに夢中だと毎日があっとゆう間に過ぎそう♫

まとめ




誰かに見せるためでもなく夫婦二人のための大庭園とはスゴイ。
一本一本の植木にどれくらいの値段がつくのか気になりますが

真っ直ぐ下に伸びた立派な懸崖の植木なんてかなり高そうです。
都会ではこれだけの土地を手に入れることがそもそも難しそう。

近藤さんのお庭もステキですが山頂から眺める景色も最高です。
これは道楽ではないという近藤さんですが羨ましい道楽ですね♫

今後も元気で長生きしてポツンと生活を楽しんで欲しいものです。

error: Content is protected !!
Amazonの「聴く」読書を30日間無料体験
会員登録する