ギニアのサカモトは神様?坂本達さんのドンゴル村愛に感動!「世界ナゼそこに日本人」





10/2「世界ナゼそこに?日本人」では
ギニア共和国のサカモトさんが紹介され
ドンゴル村への愛に感動しました。

ギニアで命拾いした坂本達さんと
現地の医師シェリフさんの絆によって
村全体が救われ本当に良かったです。

それにしても自転車で世界一周とは
坂本達さんはスーパー会社員ですね♪

坂本達 プロフィール

スポンサーリンク



● 名前 坂本達
● 生年月日 1968年生まれ
● 出身地 東京都
● 学歴 早稲田大学政経学部経済学科卒業
● 勤務先 株式会社ミキハウス
● 自転車世界一周 1995年9月26日~1999年12月28日


坂本達さんについての詳しい情報は
ミキハウスのHPに書かれていますが

現在は「坂本家6大陸大冒険」に挑戦中で
第3ステージまでクリアしたとのこと。

カナダ、アラスカの大自然の中を
家族4人で自転車旅行ってステキです(^^)

運命の国 ギニア



自転車世界一周旅の第6カ国目は
西アフリカの貧国ギニアでしたが

赤痢とマラリアに同時にかかり
危うく死にかけた坂本達さん。

見知らぬ外国人旅行者を救ったのは
医師シェリフさんの打った6本の注射。

ここまでして助けられた命なので
達さんはギニアに運命を感じたとか。

ドンゴル村の命の井戸

スポンサーリンク




2003年に7年ぶりにギニアを訪れて
シェリフさんと再会した坂本さん。

安全な水がないドンゴル村のために
井戸を掘り恩返しがしたいと提案。

時間はかかりましたが問題を乗り越え
2005年に井戸が完成し水が湧き出ました。

これで動物の糞尿まみれの川の水を飲んで
命を落とさずにすみ村は救われたとか。

一つの井戸がサカモトさんを神様とし
日本人への感謝と尊敬を生んだようです。

まとめ


国境を超えた美しい人間愛に感動ですね。
貧国ギニアですが人々の心は豊かのようです。

というかたまたま医師のシェリフさんが
奇特な人というか良い人だったのでしょう。

それにしても信じられない長期休暇で
ミキハウスの自由な社風に驚きます。

これは新手のマーケティングなのか
企業のブランドイメージ戦略なのか?
つい勘ぐってしまいますが謎ですね。

いずれにしても心温まるエピソードで
坂本達さんの活動を応援したくなりました♪

「世界ナゼそこに?日本人」一覧

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
error: Content is protected !!