膵臓がん「痛い死に方ランキング」第一位~モルヒネ使用方法と緩和ケアに課題



cancer


日本人死因トップの「がん」
忍び寄る見えざる敵は不気味です。


どれだけ健康に気をつけいていても
いつ「その日」が来るかわかりません。


そんななか「痛い死に方ランキング50」が発表され
ちょっとした話題となっています。

痛い死に方ランキング

スポンサーリンク





どの死に方にもなんらかの痛みは伴います。


ただ死に方には痛みの差異はあるようです。
30人を超える現役医師たちのアンケートから


興味深い結果が明らかになりました。
(ランキングの詳細はこちら


一般によく知られた病気から
聞きなれない病名まで実にリアル


リスト見ているとブルーな気分になります。


気になる痛みのランキングですが
トップ10だけリストにしてみました。

トップ10

1 膵臓がん
2 間質性肺炎
3 肝臓がん
4 肺気腫
5 多発性骨髄腫
6 上腸間膜動脈閉塞症
7 肺がん
8 腎不全
9 脳腫瘍
10 胆管細胞癌


やはり「がん」関係が多いですね。
堂々の一位は膵臓がん

膵臓がんはなぜ痛い?

スポンサーリンク





沈黙の臓器の一つと言われるるすい臓
痛みを感じる頃にはステージ4とか。


私の知人も膵がんで亡くなりました。


膨満感を感じ病院に行っても
胃には異常がないと言われ続け


専門病院ですい臓をチェックすると
もう手術ができない末期症状でした。


その後は抗がん剤(ジェムザール)で延命療法
半年後に激痛のなか激ヤセして亡くなりました。


その方は肝臓と十二指腸にもがんが転移して
本当に気の毒でなりませんでした。


痛みの理由は『体性痛』『内臓痛』『神経障害性疼痛』
さらに抗がん剤などによる副作用


また膵臓がんがモルヒネが効きにくいなど
複数の原因が関係しているようです。

モルヒネ使用方法と緩和ケア



医師たちによると欧米に比べ日本は
モルヒネ療法に不慣れなドクターが多く


病院でのモルヒネ使用量が少ないそうです
(欧米の約10分の1程度ほど)

肉体的な痛みを取り除くにはモルヒネの使用がありますが、モルヒネを使ってもその量や状況判断の誤りで、痛みが緩和されないこともあります。その原因の一つに、日本人の医者はモルヒネの使い方が下手だということがあります。技術を持つ医者が少ないのです」
山王メディカルセンターの鈴木裕也氏



病院設備や医療関係者の
レベルアップが必要ということでしょうか。

まとめ



「痛い死に方ランキング50」
このデータになんの意味があるのか


その事実を知ったところで
患者にできること限られてます。


「医療大麻で緩和ケアを」
そういう声が一部ありますが、


人の最期はどうあるべきか考えさせられます。


延命治療をせず自然死するのが
一番幸せという意見もあります。


どちらにしても医療の進歩に期待するしかありません。


健康でいることって難しいことですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!