ナイトスクープ トルコ絨毯がクサすぎる!山本香料で問題解決!





5/6「ナイトスクープ」二人目は三重県の大市千恵子さんで
クサすぎるトルコ絨毯をなんとかしてほしいとの依頼でした。

絨毯は一年半前に亡くなった母の形見で遺言により妹が相続。
千恵子さんは中国絨毯「段通」(だんつう)を相続したそう。

臭いを見事に解決したのはいつもの山本香料さんでした(^^)

クサすぎるトルコ絨毯


母親の家に敷いて時は全くクサくなかったトルコ絨毯ですが
千恵子さんが畳んで梱包しているうちに臭くなったんだとか。

妹さんは4万円も出し専門店でクリーニングしましたがダメ。
改めて臭いを嗅ぐと千恵子さんも竹山探偵も悶絶してました。

20年前のトルコ旅行のときに約130万円で母親が買った絨毯。
トルコ人アンディさんによると産地が「ヘレケ」で上物とか。

アブラッシュ



詳しい話を聞きに向かったのは大坂堀江の「アブラッシュ」
主人はトルコ人のセラハッティンイシクさん(45)でしたが

依頼者の絨毯は新品で買うなら最低500万円はするんだそう。
ヘレケに限らずどのトルコ絨毯は特に独特の臭いはないとか。

残念ながら日本のクリーニング屋さんでは脱臭は無理だそう。
ということで最後は臭いのネタでお馴染みの山本香料さんへ。

山本香料



テックジム|プログラミング塾


社長の山本芳邦さんはすぐに臭いの原因が分かったようです。
「絨毯のニオイを香り原料として活かす」と調合をスタート。

自然由来の木の香りと「フランキンセンス」を混ぜてました。
いわゆる乳香(樹脂の一種でアラビア半島などに自生)ですが

できあがった香水はトルコにちなみ「飛んでイスタンブール」
絨毯の裏生地にシュッシュッとすると臭いが中和されました♪

まとめ



とりあえず絨毯が本物で騙されずにいい値段で買ったみたい。
シルクの生地を手織りでじっくりと編むので高いようですね。

それにしても「ぬか漬けを放置した地味な臭い」はクサそう。
畳んで梱包するだけでなぜそんな臭いになるのか不思議です。

「飛んでイスタンブール」は効果が持続するのはいつまでか?
一回シュッシュッとしただけではすぐ臭いが復活しそうです。

error: Content is protected !!