ナイトスクープ 鳳至(ふげし)銀行に隠し部屋!お宝は見つかるか?

 
 

 
5/19「ナイトスクープ」一人目は石川県の森本敬一さん(52才)
曽祖父が取締役をしていた鳳至(ふげし)銀行に関する依頼でした。
 
現在は空き家の旧銀行建物の2Fに謎の隠し部屋を発見したそうです。
壁の向こう側に入り口も出口もない空間があってミステリーですね。
 
隠し金庫が見つかりお宝発見となるかと思いきやまさかの結末(^^)



旧銀行に隠し部屋

 
 
「ポツンと一軒家」の見逃し配信ならU-NEXT!水曜日更新  
 
 
明治31年設立の鳳至銀行ですが建物は当時のまま残ってましたね。
依頼者の曽祖父である森本藤四郎さんは昭和11年に他界したそう。
 
1F天井の隙間から光が差し込むので何かあると直感した敬一さん。
壁の向こうに死体があると怖いので自分で壊したくないそうです。
 
ナイトスクープに依頼したのは2ヶ月前ですがしばらくは反応なし。
仕方がないので石川県のローカルテレビ局にも話を持ちかけたそう。

3番組が取材


 
ということで噂を聞きつけてやってきたローカルテレビ局はふたつ。
北陸朝日放送の「ふむふむ」でリポーターは前田慶次郎さんでした。
 
地元の戦国武将・前田慶次のコスプレ姿で濃いキャラしてましたね。
もう一つはMRO北陸放送の「絶好調W」から菅井智絵アナウンサー。
 
共に石川県で知らない人がいないほどの人気番組ということでした。
カメラや音声さんがごった返すなかカオスな状態で鳳至銀行へ移動。

まさかの結末

 
 
ナイトスクープ過去動画を見るならU-NEXT!まずは31日間無料トライアル!  
 
 
銀行の中に入ると1F天井の隙間から光が漏れていて怪しい感じです。
2Fに行くとその部分のスペースが全くなく壁で覆われていましたね。
 
依頼者は「ここまで来たら壊していただいて」ということだったので
大きな槌でゴンゴンとやるとすぐに穴が開いて向こう側が見えました。
 
結論から言えば中は空洞で何もないスペースだったというオチでした。
石田探偵が歩こうとしてボコッと穴が開き危うく落ちかけました(^^)

まとめ


 
はめ殺しと思われた外側の窓も開いて中が全部丸見えになりましたね。
最初からハシゴを使って窓から謎のスペースを覗けば問題解決でした。
 
問題はいつからあの空間が出来たかということですがそれは謎のまま。
吹き抜けの間取りでもよかったのになぜ壁で囲んだかは分かりません。
 
隠し金庫でも見つかれば解錠してお宝発見もあったかもしれませんが
石川県のいろんなローカル情報を沢山知れたので面白かったです(^^)
 
 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました