句読点のない想いの意味は?髭男「I Love…」の歌詞が深い!





記事タイトルを見て何なのと思う人がいるはず(^o^)
分かる人には分かる髭男「I Love...」の歌詞ですね。

大好きな曲なので毎日聴いてるのですが意味が深い。
曲全体の70%まではなんとなく理解できるのですが

残り3割は難解というか幾通りにも解釈できますね。




I Love...





全体のイメージはボーイミーツガールで恋が始まり
彼の生活がやけに優しい世界に変化するというもの。

ただ大好きな彼女にI Loveの続きがなぜか言えない。
まばゆい彼女に対する劣等感がそうさせているのか?

付き合ってまもなくまだそういう関係ではないのか?
彼女が外国人または帰国子女なのか想像は膨らみます。

歌ネット
I Love...

句読点のない想い


「句読点のない想い」については2つの意見があって
一つははっきりとした想いでもう一つは曖昧なもの。

彼は「愛してる」が「愛して…」となってしまうので
句読点がそのことを指すなら意味は前者の方ですね。

英語の...も広い意味では句読点と解釈可能ですから。
この言葉の組み合わせを考える藤原さん天才ですね!

レプリカばかりが飾られた銀河


理解に苦しむのは「レプリカばかりが飾られた銀河」
「カーテンで作られた暗闇」ってプラネタリウム?

「鼠色の街の中」には「嘆く人も居ない」のはなぜ?
バラ色や虹色の街なら分かりますがあえて鼠色とは。

「その証を抱きしめて」って何を彼は抱きしめたの?
非現実世界を語った後の表現なのでこれは幻想かな。

この歌詞のブロックは作者にしか分からない世界観。



まとめ


「見えないものを見て笑う君」という歌詞があります。
ちょっと怖い表現ですが彼女に何が見えているのか?

聡明な彼女は彼の心の中を覗いてるのかもしれません。
とにかく彼女は目が眩んでしまうほど美人のようです。

この男女の設定では「Pretender」的結末になりそう。
欧米人からすると不思議な価値観に見えるでしょうね。

とにかく美しいメロディーと歌詞で心が洗われます♪


Amazon
Official髭男dism one-man tour 2019



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!