ポツンと一軒家 天草市の林業の家はどこ?倉田工務店の山田晴基さんが気になる!





3/13「ポツンと一軒家」は熊本県天草市枦宇土町が舞台で
かつて林業や畜産をしていた山田晴基さんのお家でしたね。

晴基さん市内の倉田工務店に務める設計もこなす大工さん。
2級建築士の資格があり家も24年前に自分で建てたんだとか。

妻の純子さん(60)と自由気ままに楽しく生活してました♪

兼業農家


天草市は冬は50cmも雪が積もるらしく雪かきが必要だそう。
田んぼで栽培する米は年間1トンの収穫があり籾殻のまま保存。

半分は個人に販売して得た利益で稲作の費用を捻出するとか。
美しい茶畑もありかつては旅館などに販売していたようです。

林業をしてた時は父親が材木運び用の雄牛を飼っていたそう。
廃業後は雌牛も飼い子牛を出産させて出荷していだんだとか。



五木村出身の純子さんはポツンと生活に全く抵抗はないそう。
二人の出会いは純子さんの働く熊本市内の美容室だったとか。

当時パンタロンを穿いて西条秀樹そっくりな長髪の晴基さん。
美容師とその客という関係から交際がスタートしゴールイン。

純子さんの趣味はカラオケと釣りで田舎暮らしを満喫中とか。
昭和歌謡が大好きで百恵ちゃんや明菜ちゃんを熱唱するそう。

受け継いだ宝



純子さんが義理の両親から受け継いだものの一つは山椒の木。
収穫した葉っぱを佃煮にし実はすり潰し粉末にするそうです。

自分で作った米に乗っけて食べる山椒めしが美味しそう(^^)
味付けはシンプルに醤油(濃口と薄口)とみりんと砂糖とか。

他に仏事神事用の3種類の花(樒、榊、黒木)も作ってました。
これらの畑の収穫・出荷作業も義理の両親から教わったそう。

まとめ



両親が共にパーキンソン病で介護が大変だったみたいですが
晴基さんが大工の腕を生かし玄関にスロープを作ってました。

純子さんは美容師用の洗面台を設置し義母の頭を洗ったそう。
義理の両親が大好きだという純子さん幸せそうでしたね(^^)

この土地に来て5代目の晴基さんですが跡取りは心配なさそう。
息子の真基さんが6代目となり「家を守る」と言ってましたね。

これからも元気に楽しくポツンと生活を続けてほしいものです。

error: Content is protected !!