ナイトスクープ おじいちゃんと長距離鬼ごっこ!山中輝瑠くんが面白い!





6/3「ナイトスクープ」最初は大阪府の山中輝瑠くん(13才)で
おじいちゃんと長距離鬼ごっこで勝負がしたいという依頼でした。

小中と野球部に入りマラソン大会でも上位入賞の輝瑠くんですが
これまで最長3.6kmしか走ったことがなくておじいちゃんは強敵。

79才のおじいさん(高木茂雄さん)との鬼ごっこは白熱の展開に。

スーパーおじいちゃん


小2の時に対戦した感覚から5kmなら逃げきれるという輝瑠くん。
母親は10kmも息子は走れないので負けると半信半疑でした(^^)

茂雄さんはトライアスロンの猛者で数々の大会で優勝してました。
60才で出場の韓国開催アイアンマンレース(60~64age)で1位。

スイム3.8kmバイク180kmラン42.195kmを制しまさに鉄人です。
ハワイで開催の世界大会にも日本代表で出場した経験もあるそう。

ハンデ15秒



フルマラソンを完走する茂雄さんですが79才という年齢が微妙。
いろいろな要素を考慮して追いかける鬼のハンデは15秒に決定。

ちなみに茂雄さんの現在のトレーニングメニュー

○ 月火金 1000~1500mスイム 7~8kmラン
○ 木   70kmバイク
○ 土   10kmラン

日曜日以外かなりハードなエクササイズを続けててスゴイです。
おじいちゃんと孫の対決の舞台は吹田市の千里南公園でしたね。

長距離鬼ごっこ



テックジム|プログラミング塾


ということで10kmのコースが設定されて鬼ごっこがスタート。
コース詳細(1周610m×15と四分の三周と円形トラック1周半)

レースはやはり元気な孫がロケットスタートで序盤でリードし
3分前後のラップタイムを刻み3.5km地点で鬼を追い抜き終了。

下の表にあるとおり茂雄さんが徐々にペースダウンしてますね。
輝瑠くんが思ったよりスタミナがあり完勝といったところです。

輝瑠くんのラップタイム 孫とのタイム差
2分37秒 32秒
2分51秒 1分15秒
3分01秒 2分05秒
3分04秒 2分40秒
3分12秒 3分
3分20秒 (5周途中でアウト)

まとめ



ハンデがなかったとしても茂雄さん負けてたかもしれませんね。
後半からの追い上げを期待しましたが体力がなかったようです。

10kmあるいはハーフマラソンだったらいい勝負になってたかも。
茂雄さんはリベンジする気がないみたいなのでちょっと残念です。

スタジオに遊びにきた輝瑠くんに松本局長が突っ込んでましたが
「おじいさん君のこと嫌いになった」に笑ってしまいました(^^)

error: Content is protected !!