ナイトスクープ カタログギフトはどこ?幼なじみに贈った結婚祝い

 
 

 
8/26「ナイトスクープ」二人目は北海道の田中宏幸さん(30)
幼なじみに贈った結婚祝いのプレゼントの真相を知りたいそう。
 
柴田菜奈未さん(旧姓・八重樫)と同じ遠軽町出身の宏幸さん。
保育園から高校まで一緒だったので強い絆で結ばれているとか。
 
結婚祝いをスルーしている理由は一体何なのか確かめたいそう。




お祝いをスルー

 
 

 
 
 
2020年3月に結婚しコロナで結婚式が延期になった菜奈未さん。
友人たちからは4,5月あたりにお祝いの現金を受け取ったみたい。
 
北海道は式当日より前もってお祝いを渡す人が多いそうですが
宏幸さんは11月にカタログギフトをプレゼントしたんだそう。
 
その後「お祝い届いた?」とラインしても菜奈未さんは無反応。
「ありがとう」の一言がなく既読スルーされ混乱する宏幸さん。

届いたのか?


 
ちなみに菜奈未さんは几帳面な性格で友人を大切にする人だそう。
依頼者(現在バツイチ)の結婚式の時は現金1万円をくれたみたい。
 
もう一人幼なじみの後藤千陽さんに電話していろいろ聞いてみると
お祝いに関しては関係の深い人には現金を渡すのがデフォだとか。
 
ということでまず菜奈未さんにギフトが届いたかどうかをチェック。
本人に連絡を入れて呼び出し依頼者のマンションにて真相を確認。

真相は?

 
 

 
 
 
宏幸さんと菜奈未さんは久しぶりの再会でしたが微妙な感じ(^^)
相手について「ウジウジしている」と毒を吐く菜奈未さんでした。
 
どうやら忘れてるようなのでもう一度カタログギフトを渡す作戦。
記憶が繋がり以前にももらったことを思い出す菜奈未さんでした。
 
カタログギフトは「どっかにいっちゃった」ということでしたね。
いろいろと忙しくほったらかしにしてお礼も忘れていたようです。

まとめ


 
お祝いのプレゼントは北海道ルールなるものが紹介されました。
現金にしろ贈り物にしろ前もって渡すとシンプルで良いですね。
 
今回の依頼は宏幸さんが現金を渡してたらなかったかもです。
結婚で物要りの時は現金が一番喜ばれるということでしょうか。
 
カタログギフトで菜奈未さんが買ったのは魚の一夜干しセット。
自分で好きな商品を選べるところがこちらの良いところですね♪
 
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました