ナイトスクープ 芝居で涙を流したい!千瀬梓月さんが気になる!

 
 

 
11/4「ナイトスクープ」一人目は大阪の千瀬梓月さん(19才)
ちのせしづきさんは事務所所属で映画女優を目指しているけど
 
オーディションで泣きの演技ができず不合格が続いているとか。
女優歴1年まだまだこれからですが少し勇気をなくしてるそう。
 
今回は俳優のFMG松尾論さんとの共演で一皮むけましたね(^^)




泣けない女優

 
 

 
 
 
梓月さんはプライベートでは普通に泣くことができるそうです。
芝居では台本を読んで悲しい気持ちにはなるけど泣けないとか。
 
所属事務所はJTE(ジャパントータルエンターテインメント)
CMやテレビやラジオなどにちょこっと出演してるようですね。
 
自主制作映画「解離するヴァルネラビリティ」にも出ています。
まさに女優の卵というところで大きく羽ばたいてほしいですね。
 
twitter 
千瀬梓月

臨終シーン


 
もう二人の女優が加わって泣きの演技の難しさを検証しました。
 
○ 曽根乙笑さん(20才)女優歴5年 劇団ひまわり
○ 西村風音(22才)女優歴5年 アムレートリベルタ
 
病室で竹山探偵が扮する父親を看取る娘役というシーンですが
乙笑さんは20分風音さんは15分演技するも泣けませんでした。
 
千瀬梓月さんもいい感じでスタートしましたがあっさりと終了。
演技の途中で気持ちが落ち着いてきて集中力が切れたんだとか。
 
インスタ 
千瀬梓月

ついに号泣

 
 

 
 
 
次に登場したのは涙活プロデューサーの寺井広樹さんでしたが
いろいろと涙うんちくを語ったものの梓月さんにはヒットせず。
 
最後は同じシーンを相手役を松尾論さんに変更し再チャレンジ。
今回は自然と感情がこみ上げてきて泣きの演技ができましたね。
 
無理やり泣いたのではなく臨終シーンに引きこまれたようです。
父親が”生き返る”おまけもありましたがすばらしい体験ですね。

まとめ


 
最後のワンチャンでしたが苦手の泣きの演技を克服できました。
松尾論さんのオーバーではないリアルな演技も良かったですね。
 
こう言うと竹山探偵が大根役者みたいですがそうじゃないです。
女優魂にスイッチが入って最高の泣き演技になったんでしょう。
 
竹山さんは映画とドラマでそれぞれ2本の主演経験があるとか。
とにかくまだ19才なので夢を諦めないで頑張ってほしいです♪
 
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました