宇都井駅 おばあちゃん 松島喜久恵さんが気になる!駅ノートのエピソードが泣ける





7/29の「土曜 あるある晩餐会」は
鉄道マニアによる無人駅スペシャルでした。

味のある素晴らしい秘境駅なのに
採算が合わずに廃線とは惜しいですね。

日本各地の無人駅が紹介されましたが
三江線宇都井駅が印象に残りました。

松島喜久恵さんの人生と駅が重なり
なんとも複雑な気持ちになりますね。

天空の駅・宇都井駅

TSさん(@whitetree1123)がシェアした投稿



それにしても高い所に駅を作ったものです。
ホームまでは20メートル、エレベーターなし、
116段の階段を登らなければならないとか。

1975年に出来た当時は利用者も多かったですが
今では列車は1日に上下合わせて計8本だけで
1日平均乗降客数は一人ほどだそうです。

駅周辺の住民も移動手段は主に車。
この階段はさすがに鬼のようですね。

ただこの風景とインパクトのある建築物は
映画のワンシーンのようでステキです♪

松島さんと駅ノート

スポンサーリンク



41年間この駅を利用している松島さんは
月に1・2回宇都井駅を利用していますが
電車に乗らな日も駅の階段を登っていきます。

「駅ノート」という乗客の書く文章に
目を通し返信する松島おばあちゃん。

ノートは十数年前から買い足して
現在は22冊目になり駅の名物となりました。

松島さんのノートの文章がステキですね。

ある日の日記(2017/1/28)には
「今日は良い天気です。☃はまだあります。
宇津井の老人」と書いてありました。

まとめ


元気そうな松島喜久恵さんですが
年齢はすで90歳を超えておられます。

宇都井駅がどうなるのか気になりますが
建築物として壊されずに保全され

22冊の駅ノートも思い出として
どこかに展示して残してほしいものです。

いずれにしても松島さんが元気で
長生きされることを心から願っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

error: Content is protected !!