ナイトスクープ 藤田晋一さん(歌手)と喫茶waltzが気になる!

 
 

 
11/25「ナイトスクープ」二人目は大阪の松浦正さん(60才)で
亡き親友と出会ったライブ喫茶waltzのお母さんを探してるとか。
 
友人の名前は藤田晋一さんで6年前に病気で亡くなったそうです。
ふたりでライブハウスを経営してレコードを出すと交わした約束。
 
ふたりでは実現しませんでしたがwaltzは大阪で復活してました。




藤田晋一さん

 
 
NURO 光 
 
 
大学生時代に喫茶waltzで2年間雇われマスターをしていた正さん。
藤田さんとはそこで知り合い意気投合し夢を語り合っていたそう。
 
藤田さんはシンガーソングライターで将来を嘱望されていたとか。
ヤマハポプコン京都大会で優勝するなど地元では有名だったそう。
 
ギター一本で弾き語るスタイルですが伸びやかな声も魅力的です。
2016年6月正さんと電話を交わしたその日の夜に藤田さんは他界。

ライブ喫茶waltz


 
北山通のライブ喫茶waltzの住所を訪れると今は民家でしたが
手がかりの時計屋の貴ちゃんには会えてなんとか繋がりました。
 
waltzのママ・高濱佳子さんの自宅に案内してもらい訪問すると
出てきた孫の伊東ないるさんによると祖母は今は滋賀にいるそう。
 
佳子さんと会うことは可能なものの認知機能は衰えているので
藤田さんや依頼者のことを覚えているかは分からないそうです。

お母さんと再会

 
 
もっと快適なインターネット環境へ 
 
 
ということで孫3人とともに滋賀県に住む佳子さんの家を訪問。
約40年ぶりの再開でしたが佳子さんはやはり認知症でしたね。
 
昔の喫茶waltzの建物の写真を見せてもらい懐かしがる正さん。
自分がオープンした店とロゴの許可を佳子さんから貰いました。
 
最後に正さんが藤田さんの曲「カーニバルの終わりに」を熱唱。
記憶が蘇ったのか「知っている」と佳子さん反応してましたね。

まとめ


 
ポプコンのデータはヤマハにありますが地方大会は見当たらず。
藤田晋一さんがメジャーデビューしていたらと思うと残念です。
 
親友が亡くなった翌年に藤田さんのCDを50枚制作した正さん。
ジャケットの絵は喫茶waltzのロゴが使用されていてオシャレ。
 
開店したお店も大人の秘密基地みたいな雰囲気で良いですね♪
天才シンガー藤田さんの歌を今後も歌い続けてほしいものです。
 
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました