ナイトスクープ ウミガメになりたい少年の小高麻くんが面白い!

 
 

 
7/10「ナイトスクープ」一人目は高知県の小高麻くん。
ウミガメになり産卵を体験してみたいという依頼(^o^)
 
近くの砂浜に時々ウミガメの死体が漂着するようですが
甲羅とお腹をリュックサックみたいに身につけたいそう。
 
不思議な依頼でしたが麻くんが天真爛漫で面白いですね。




ウミガメになりたい

 
 

 
 
 
田村探偵を出迎えたのは4足歩行で登場の小高麻君(7)
テレビクルーに全く物怖じしないワイルドな少年です。
 
家にはウミガメの他に鹿の頭蓋骨なども置いてました。
ウミガメ保護活動をしてる溝渕幸三さんが麻君の友達。
 
父親の小高良作さんは和紙アート作家が生業だそうで
ホームページで作品や本人の情報をゲット出来ますね。
 
ホームページ 
小高良作

場所はどこ?


 
VTR冒頭がまるでポツンと一軒家だったので調べると
上の地図にある真ん中の白い家が麻君の家のようです。
 
近くに集落もあり国道沿いなので不便ではなさそう。
 
土佐清水市というとカツオのイメージが強いのですが
この辺りでも沢山のウミガメが見れるとは意外でした。
 
キレイな山と海と川に恵まれてステキな場所ですね。

砂浜で産卵

 
 

 
 
 
まずはみんなで甲羅作りをしてからいざ砂浜で産卵へ。
麻くんのウミガメを大人たちが優しくサポートする画。
 
15分かけ穴を砂浜に掘りピンポン玉が投入されました。
子供の夢を全力で応援する番組の暖かさに感動します。
 
産卵後に海に帰っていく所で波に飲まれて終了でした。
本人の感想は「楽しこわかった」「くさい!」と素直♫

まとめ


 
麻くんを見てると昭和の時代の子供を連想しました。
みんなあんな感じだったというのが率直な感想です。
 
子供が育つ環境が人格形成に大きく影響しそうです。
ポツンと一軒家が人気なのもそのあたりでしょうね。
 
いずれにしても麻くん将来大物になる予感がします。
お父さんの和紙アートも実物を見てみたいですね♫
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました