ポツンと一軒家 北海道でシマフクロウ保護!菅野正巳さんがスゴイ!





10/13「ポツンと一軒家」トップバッターは北海道厚岸郡浜中町。
シマフクロウ保護活動をする菅野正巳さんと妻の直子さんが登場。

28年間北海道東部でほぼボランティアで活動中とかスゴイですね。
広大な敷地にいたヤギ3頭とポニーの親子3頭も可愛かったですが

絶滅危惧種のシマフクロウが世間に広く知れ渡って良かったです。

浜中町の菅野さん


菅野正巳さんは30才まではアメリカABCテレビの東京支局に勤務。
音声さんとして技術部に在籍してた頃に一冊の本と出会ったそう。

「ビキン川にシマフクロウを追って―アムールの自然誌」ですが
それからシマフクロウに魅せられ北海道移住に至ったんだそう。

奥さんは埼玉の方ですが北海道でご主人と出会い20年前に結婚。
ちなみにシンボリックな野鳥の絵はハイダ族から来ているとか。

場所はどこ?



結構な山奥で鹿や熊が普通に出没する豊かな自然環境ですね。
土地の広さは東京ドーム3個分1万4千平方メートルと巨大です。

約築50年の家は友人からほぼ無償で28年間借りてるんだそう。
ガスはプロパンですが水は井戸水なので大変貴重なんだとか。

冬はマイナス28℃にもなって雪かきや除雪はキツそうですが
大自然の中で生活できるのはご褒美とプラス思考のようです。

公式サイト
NPO法人シマフクロウ・エイド

シマフクロウ保護活動



テックジム|プログラミング塾


シマフクロウは体長70cmほどで羽を広げると約2mになるとか。
かつては北海道に広く生息し1000羽はいましたが次第に激減。

40年前に70羽まで減りましたが現在は160羽あまりはいるそう。
正巳さんの収集しているシマフクロウのデータは貴重ですね。

5台の赤外線カメラでフクロウの実態調査とかハイテクでした。
税金はこのような活動を援助するために使ってほしいものです。

フェイスブック
菅野正巳

まとめ



蝦夷ヶ島にだけ住む固有のフクロウという意味のシマフクロウ。
北海道からいなくなれば地球上から絶滅してしまい心配ですね。

番組ディレクターの最後の質問がちょっといやらしかったです。
「ABCテレビにいた頃と現在の年収はどれくらい違いますか?」

「10分の1くらいだと思います」の答えは衝撃的なものでした。
菅野さんの活動はこれからもずっと継続してほしいものですね。

error: Content is protected !!