ナイトスクープ 人生の折れ線グラフ!児童施設出身の男性が気になる!





9/10「ナイトスクープ」最後は奈良県の川上さんからの依頼。
33才にして初めて出来た彼女に振られた自分を元気づけるため

人気企画「人生の折れ線グラフ」をぜひやってほしいんだそう。
他の人の壮絶な人生を知ると自分の問題が小さく見えるようで

今回登場の4人はそれぞれメリハリがありすぎて凄かったです。

人生の折れ線グラフ





一人目は15才で家出し16才で結婚した現在55才の女性ですが
2回目の結婚は幸福でその夫は7年前に肺がんで他界したとか。

二人目は73才の男性ですが同志社大ボート部で日本一になり
20才の時にはエイト種目でメキシコ五輪に参加したんだそう。

三人目は40才女性で20才で結婚し38才までに合計6回も結婚。
現在9つのブラジリアンワックス店を経営してる凄い人でした。

児童福祉施設の男性



最後の中年男性は7才で母が家出して人生の辛酸を嘗めた方。
その後は妹と児童福祉施設で生活して陰湿なイジメも体験。

11才の時に再婚した父が自分たちを引き取り喜んだものの
14才の時にその女性と離婚したのでまた例の施設へ逆戻り。

15才からは施設を出て就職し会社の寮で生活を始めたそう。
28才でグラフが急上昇したのは結婚して幸せになったから。

自分は誰なのか?





3人の子供にも恵まれた幸せな結婚生活の終わりは突然に。
32才の時に自信の浮気が原因で破局して子供とはお別れ。

どん底の時に叔父から聞かされたのは衝撃の出生の事実。
今まで父と思っていたのは育ての親で血の繋がりはなし。

自分は誰かの捨て子で双子のもう一方が生きていること。
数奇な運命に翻弄される人生に「自分は誰なのか?」と。

まとめ



45才でグラフ上昇したのは13年ぶりに娘に会えたから。
間違いなく血の繋がりのある子供との絆はプライスレス。

6才の時の家族皆がそろう何気ない日常を懐かしむ男性。
大切なものは失って初めて気付くとは正に真実ですね。

今回登場の4人はそれぞれの人生を背負っていましたが
最後の男性が特に印象に残りこれからが気になります。

生き別れた双子の相方をぜひ見つけてほしいものです。

見逃し配信

ナイトスクープ過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!