野中亀吉さんがスゴイ!香川県さぬき市寒川町のポツンと一軒家!





9/26「ポツンと一軒家」は香川県さぬき市寒川町が舞台。
野中モータースの野中亀吉さん(86才)の一軒家を訪問。

長尾街道にある自宅より山の実家が暮らしやすいそうで
70才を過ぎてからは主にポツンと生活をしているとか。

70年前に父が作った野中自家発電所が今も現役でスゴイ!

野中亀吉さん





亀吉さんは20才の頃に山を下りて自動車整備士になり
30才で麓に家を建てて自動車販売会社も設立したそう。

70才を過ぎて再び山の実家生活がメインとなったとか。
現在のプレハブの家は平成19年に自分で作ったそうで

ユニットバスや太陽光温熱器も中古で買い自分で設置。
アマチュア無線歴は66年でコールナンバーはJA5EMY

古い3CCDカメラやレアな発動機も多数あり凄いです。

野中自家水力発電所



300高地から小豆島や瀬戸内海を見下ろす山の家には
昭和26年製造の父の留吉さんの水力発電所が今の健在。

50m離れた沢の水から取水し12mの落差で水圧を上げ
ミニチュアペルトン水車のタービンを回す仕組みとか。

谷深い場所と広葉樹の保水性のおかげで水量たっぷり。
珍しさゆえテレビや新聞の取材が沢山あったようです。

自然に感謝



平成16年10月の台風23号の土石流が野中さんを直撃。
40年前川の近くに建てた両親の住む家が流されたそう。

便利さゆえ移動しましたが命を失う結果になりました。
ときに自然は猛威を奮って牙を剥くことがありますが

住み慣れたこの場所が日々癒やしを与えてくれるとか。
自然の恵みに感謝して今後もここにいたいと亀吉さん。

まとめ



若い頃は地元のテレビ局でカメラマンもしてたそうで
当時の8kgのカメラと10kgのデッキに時代を感じます

昭和初期の発動機が今も動いていてこれにも感動です。
多分無線好きな人は亀吉さんと交信したいはずですが

「JA5EMY」の無線局免許状が現在失効中みたいです。
いずれにしてもいつまでも元気でいてほしいですね。


関連記事
7月28日「ポツンと一軒家」は香川県東部の木田郡三木町のようです。 猿のいる倒竹だらけの険しい山道を抜けた先にポツンと一軒家があり そこ...

見逃し配信

ポツンと一軒家過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!