ナイトスクープ 包丁職人の父と22年ぶり再会!行方不明からの奇跡!





12/18「ナイトスクープ」2人目は主婦の小西真樹子さん(47)
22年前に蒸発した父の井田忠男さんを探してほしいとの依頼。

包丁研ぎ職人の父がお世話になってる人にお礼がしたいとか。
今年8月にNHKの番組に父が出ていて大変驚いたようですが

父親に会うまで心の葛藤もあり複雑な気持ちのようでしたね。

行方不明の父





長崎県で真珠販売業を営んでいた父親が不渡りを出し借金生活。
家族に迷惑をかけないために離婚して突然姿を消した忠男さん。

22年前の出来事ですが1000万円以上の負債を抱え込んだみたい。
そんな父親が当時東京暮らし26才の真樹子さんの元へ突然訪問。

何かと思えば「金を工面してくれ」というまさかのお願いとか。
真樹子さん8万円の貯金の中から6万円を父に渡してあげたそう。

流しの包丁研ぎ職人



父親が紹介されたのは2020年8月31日放送NHK「ええやん大阪」
コロナ禍で頑張る流しの包丁研ぎ職人に密着ドキュメンタリー。

大阪ミナミ界隈の人情劇で井田忠男さんは本名で出演してます。
映像にあるお店は「とり一」「しょうへい 3000」などですが

店主さんと関係もよく仕事ぶりも真面目で信頼されてましたね。
包丁研ぎの相場は1本2千円だそうですが忠男さんは7本で2千円。

食べログ
とり一

22年ぶりの再会


お世話になってる飲食店にお礼をしてからいざ父親との再会へ。
後ろめたい父親とややキレ気味の娘でドキドキする展開でした。

忠男さんは「許してな」「生きるのに必死やったんや」と釈明。
真樹子さんは話してるうちだんだん腹がたってきたようでした。

娘を可愛がってくれる優しい旦那と忠男さんを比較して激おこ。
VTRは短かったですが放送できない内容もあったのでしょうね。

食べログ
しょうへい 3000



まとめ



22年ぶりに父親に会えて嬉しいという気持ちと怒りが混在。
とにかく「スッキリした」ということで事態は良い方向へ。

互いの連絡先を交換したのでこれからちょっとは安心です。
大阪で一人暮らしの忠男さんなので親族がいてほしいはず。

ちなみに真樹子さんの住所が手紙で紹介されませんでした。
番組への依頼文に必ず「〜県の〜さん」とあるので不思議。

いずれにしても親子仲良く助け合い頑張ってほしいですね。

見逃し配信

ナイトスクープ過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!