ボンビーガール まりさん可愛い!韓国の江南での仕事が気になる!





11/24「ボンビーガール」今回も韓国半地下の住人が登場。
江南のシンノニョン駅近くの物件に住むのはまりさん(27)

港区六本木のようなお洒落な場所で家賃は6万5千円だそう。
お仕事は韓国人気アーティストの日本進出をサポートとか。

現場ロケは前回に続きコーディネーターの中島いおりさん。

半地下生活





半地下の物件は築28年で部屋は1Rで6帖タイプでしたね。
インターホンがないオートロックなので電話で呼び出し。

部屋の扉もオートロックがありセキュリティはしっかり。
半地下ゆえに湿気で壁はすぐにカビにやられるようです。

備え付けベッドはなせかダブルでコンセントは一つだけ。
換気のために真冬でも窓をあけて風呂に入るとかスゴイ。

ボンビーガールまりさん



まりさん情報はまだ少ないですがかなり面白い方ですね。
コバエを素手でためらいなく始末するシーンがシュール。

靴は5足しかなく1000円のバッグを買う節約生活のよう。
食費も節約しカップラーメンが棚の中に沢山ありました。

洗濯後の衣類は外にほさず床に置く「床干し」でしたね。
化粧は韓国風の赤リップでしたがとてもキレイです(^o^)

気になるお仕事は?


芸能事務所で働いているまりさんは通訳の仕事ですかね。
ノートには韓国語と日本語のまとめが沢山書いてました。

「南京錠」「自作自演」「色目を使う」など謎のワード。
仕事場のビルディングの名前は「SH B/D」でしたね。

彼女自身はアイドルや役者を目指してる感じはなさそう。
次回の放送でもう少し詳しい情報が出て来ると思います。



まとめ



郷に入れば郷に従えをまりさん食事の時やってました。
韓国は食器を持ち上げて食べるのはアウトらしいです。

カップ麺のフタで器を作りラーメン食べるとか面白い。
「死んでも韓国で生き残るぞ」の決意もスゴイですね。

半地下生活は我慢するポイントが沢山あるわけですが
それでもやりたい夢があるなんてある意味幸せですね♪

error: Content is protected !!