クジャクグモ世界一美しい求愛ダンス!ダーウィンが来た!で話題



キャプチャ


毎週不思議な生き物が紹介される「ダーウィンが来た!」

今回は小さな小さな蜘蛛クジャクグモの特集です

大きさが4mmと言いますから米粒ほどですが

世界一美しい蜘蛛と呼ばれています

クジャクグモとは






Peacock Spiderという名前で知られる

オーストラリア固有の種で文字通り蜘蛛なのに

クジャクのような美しい外見をしています


日本では生息していないこともあって

かなりマイナーというかほとんど知られていません

恐らくセアカゴケグモのほうがメジャー?


こんな小さな蜘蛛ですが虫眼鏡で覗くと…

信じられないようなカラフルな模様と色彩!

蜘蛛なのに何でこんなに美しいのかと驚きます

求愛ダンス

Peacock Spider 7 (Maratus speciosus)


上の動画を見ていただくと分かりますが

クジャクグモはプロのダンサーが顔負けするくらい

むちゃくちゃダンスが上手い!


予測不能な体の動きはほぼ人間には不可能

足と胴体を巧みに操り華麗な舞を披露します

これも子孫を残すための求愛行動


小さなクジャクグモがこんなにも頑張っていて感動!

背中の模様がどこかの先住民族の衣装にも見え

独特な色使いに目を奪われますね

命がけの大勝負






この求愛ダンスですがオスにとっては命がけ

メスをめぐるライバルとのバトルもそうですが

運良くメスとの交尾のチャンスが巡ってきても

アピールに失敗すると何とメスに食べられるそうです(゜-゜)


ウソでしょと思いたくなりますが本当みたいです

人間の世界ではあり得ない理不尽な結末…

自然界の厳しいルールに引いてしまいます


メスの体はオスに比べずいぶん地味なものですね

不思議な生命の営みに興味がかきたれられます

まとめ


キャプチャ

“世界一美しいクモ”と言われるオーストラリアのクジャクグモ。その名の通り、オスはお腹にクジャクの羽のように鮮やかな模様をもつ。恋の季節、オスは派手なお腹を広げてメスに求愛する。ラジオ体操のような奇妙なダンスを披露しながらメスに接近、さらには、ラブソングまで歌って猛アピール。実は、メスに気に入ってもらえないと、オスには過酷な運命が待ち構えているのだ。驚きいっぱい!クモの恋のドラマに迫る!
NHK ダーウィンが来た!


この番組毎週楽しみですね♪

今回も生命の神秘にクローズアップし

世界一美しいクジャクグモの秘密が扱われます

どんな放送内容なのかワクワクしますね。



シェアする

フォローする

error: Content is protected !!