ダーシャ ベラルーシのモデルが祖母の家をリフォームの旅に感動!

 
 

 
1/10「メイドインJAPAN」2人目はベラルーシのダーシャさん。
年齢は24歳日本で女優を目指しモデル等の仕事をしてるとか。
 
流暢な日本語を話すおばあちゃん思いの美しい女性でしたが
今回は日本の宮大工4人と一緒に帰国しリフォームする企画。
 
外国ゆえのハプニングもありましたが最後はハッピーエンド♫。




ダーシャさんと最愛の祖母

 
 
NURO 光 
 
 
ダーシャさんにとっておばあちゃんは世界一やさしい人だそう。
 
ソ連崩壊で困窮した時マイナス50℃のシベリアに3年間出稼ぎし
家族に仕送り続けるとか文字とおり命がけで戦ってくれたそう。
 
ダーシャさんが日本で女優になる夢は親戚中に反対されましたが
おばあちゃんだけ無条件で応援し空港まで見送りしてくれたとか。
 
「いつでも寂しくなったら私があの虹に乗って会いに行くわ!」
おばあちゃんの言ってくれた言葉は今でも彼女の宝物なんだそう。
 
事務所 
RIMIX

ベラルーシでリフォーム



 
ベラルーシのおばあちゃんの家は極小住宅で冬は極寒で辛いとか。
問題点はキッチンのテーブルが邪魔で調理するのがしんどいのと
 
寝室の床が冷たくおばあちゃんのベッドも現在ソファで代用中。
赤ちゃんも一緒に暮らしてて安全上の問題もいろいろありました。
 
リフォームは宮大工らしく伝統技術をふんだんに使用しながらも
おばあちゃんが大好きな日本風に仕上げるという難問でしたね。

4人の宮大工

 
 
もっと快適なインターネット環境へ 
 
 
今回ロケは約1週間だったそうですが宮大工さんステキでした。
 
矢谷勇樹(42)
松村孝之(51)
石松義考(34)
佐藤忠義(34)
 
アンナおばさんの壊れた椅子を伝統の金輪継ぎで修理したり
テーブルを真っ二つにし掴み蟻でくっつけるとか見事でした。
 
ベッド装飾の障子のアイデアや割ほぞの技術もスゴイですね。
赤ちゃん用のベッドに細工し勉強机に使えるとかなんて親切♫

まとめ



 
出演者全員がいい人でとてもさわやかな企画となりました。
お土産はスポンジ「激落ちくん」だけでしたが全然OKですね。
 
ベラルーシがじゃがいも年間消費世界1位という新しい発見や
おあばちゃんが作る国民食「ドラニキ」も美味しそうでした。
 
ダーシャさんが17歳のとき憧れた日本の女優って誰でしょう?
いろいろ気になることもまだありますがいい里帰りでした(^^)
 
いつかダーシャさんに日本のドラマに出演してほしいものです♫
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました