ナイトスクープ ミイラの正体は?京都「an cafe」も気になる!





12/3「ナイトスクープ」2人目は京都の深尾亜紀さん(45)
祖母のタンスから謎のミイラが見つかり調査してとの依頼。

築150年の歴史ある民家は現在1階部分はカフェ「an cafe」
ミイラらしき祖母の遺品が発見されたのは2階の倉庫から。

得体の知れない物体の正体はミイラなのか呪いのアイテム?

 
 

謎のミイラ


小さなミイラは半紙のポチ袋のようなものに包まれており
タンスの中の着物類の一番下にひっそり置かれていたそう。

祖母と祖父が仲が良くなくて祖父が先に亡くなってるので
呪いと関係があるかと思われましたが大丈夫でしたね(^^)

超常現象研究家の山口敏太郎さんによるとカッパか何かと。
よくわからないけど2万5千円で買い取りたいとの事でした。

an cafe



気になった方もいると思いますが北白川の「アンカフェ」
銀閣寺の近くにあり京町家カフェスタイルで営業中です。

野菜たっぷりの気まぐれランチコースが美味しそう(^^)
キッズメニューも充実しておりママに優しいお店ですね。

妊婦さん向けにマタニティアートもやっていて面白そう。
詳しい情報は以下のホームページのリンクからどうぞ。

ホームページ
an cafe

熨斗鮑



created by Rinker
成城石井
¥3,875 (2022/08/17 15:08:45時点 Amazon調べ-詳細)



ミイラの調査は祖母の出身地の近江八幡に行きましたが
市役所の文化観光課に問い合わせるも何の収穫もなしに。

最後に謎を解いてくれたのは歴史研究家の浮世博史さん。
ミイラは熨斗鮑(のしあわび)が乾燥したものだそうで

結納品の一つとして嫁の家に送られることがあるみたい。
実際に近畿大学薬学部で成分分析するとアワビとビンゴ。

まとめ


アワビの肉を薄くはぎ、長く伸ばして干したもの。古くは儀式用の肴(さかな)に用い、のち祝儀の贈り物に添える風習になった。〜Weblio国語辞典


ということでミイラの正体は熨斗鮑という結果でしたね。
熨斗スルメもあって両方ともその時に食べる風習のよう。

随分と昔のものでしたけど意外と無臭だったみたいです。
とりあえず祖母が夫に呪いかけたものでなくて良かった。

熨斗袋の右上に書いてあるあの絵がもともとは鮑だとは。
謎も解けていろいろと勉強になり面白かったですね(^^)

error: Content is protected !!