車掌カバン工房「武田」の武田龍秀さんが気になる!ナイトスクープ





10/8「ナイトスクープ」3人目は兵庫県の石橋和美さん。
亡き父が作っていた車掌カバンを作ってみたいとの依頼。

今年5月に外出先で倒れそのまま他界した父・龍秀さん。
車掌カバン工房「武田」の店主でその筋では有名のよう。

和美さんの父への想いがひしひしと伝わる感動回でした。

亡き父の車掌カバン





車掌カバンとは鉄道やバスの車掌さんが使ったカバン。
昭和の時代を彷彿させレトロな雰囲気でオシャレです。

和美さんは子供の頃よく父の工房で手伝いをしたそう。
30年近く工房には行ってませんが思い出の場所だとか。

いつか父の後を継いでカバン職人になりたかったそう。
ただ職人技を受け継ぐ前に父親の突然の死でショック。

公式サイト
車掌カバン工房 武田

工房「武田」



武田龍秀さんは高校卒業後に父に師事しカバン職人に。
「京都市バス」や「広島電鉄」にも納品してたらしく

本物の車掌カバン販売店として鉄道マニアにも人気に。
現在ホームページを見ると只今休業中とあり残念です。

今回は京都「革工房むくり」の荒田覚さんにお願いし
車掌カバンの作り方をていねいに教えてもらいました。

公式サイト
革工房むくり

処女作完成





ということで車掌カバン作りがスタートしましたが
道具やアイテムが独特でまさに職人の世界でしたね。

荒田さんも職人さんなので作業に打ち込んでました。
和美さんの「私の分も残して!」が面白かったです。

作業は夜遅くまで続いて渾身の車掌カバンが完成に。
記念すべき処女作は母へのプレゼントになりました。

まとめ



工房に和美さんが中学の頃に描いた絵がありました。
お父さんが一生懸命に車掌カバンを作ってる絵画で

作業場の一番よく見える場所に飾られていましたね。
父親のことを思い出しながらカバンを作る和美さん。

完成後に感極まり涙ぐんだ表情が忘れられませんね。
ぜひ「武田」を引き継ぎカバンを作ってほしいです。

見逃し配信

ナイトスクープ過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!