ポツンと一軒家 愛媛県のブルーベリー農家の山崎さん家族がステキ!

 
 

 
11/21「ポツンと一軒家」は愛媛県喜多郡内子町大平が舞台。
家主は家族でブルーベリー農家を経営する山崎英さんでした。
 
会社の名は「高山ガーデン」で自前で通販もしてるようです。
次男の直さん(28)が跡取りに決まって事業は拡大の方向へ。
 
100%ブルーベリージュースがとても美味しそうでしたね(^^)




内子町の山崎さん


 
江戸末期に先祖が高知県からここに引っ越してきた山崎家。
英さん(64)は6代目当主で農業や林業が家業だったとか。
 
周囲1km四方が持ち山で家は2代目あたりが建てて築100年。
高校卒業後に自衛隊(伊丹駐屯地)に入り夜間大学に通学。
 
2年目で自衛官の加代さんと出会い昭和57年に職場結婚し
除隊後は健康食品の会社に務め平成4年に三重に家を新築。

ブルーベリー農家


 
20年前に母親が肝臓がんになり実家に戻ってきた英さん。
麓の町に家を買いそこに両親と自分の長男が住んだそう。
 
ここでの仕事は林業と新しく始めたブルーベリー農園で
30アールの日当たりのいい山頂に500本ほど栽培中とか。
 
寒暖差の激しい標高650mの場所に35種のブルーベリー。
品種ごとに成長がずれるので約3ヶ月間収穫できるそう。

高山ガーデン


 
高山ガーデンは1シーズン約1tの収穫があるんだとか。
他にも愛媛県産の果物を使ったジャムを製造して販売。
 
ブルーベリージュースはいろんなタイプがあるみたい。
果実は基本は生出荷ですが時期が過ぎたのは急速冷凍。
 
注文が入る度に解凍してジャムに加工などをするそう。
すべて手作業のブルーベリージャムは大人気商品とか。
 
公式サイト 
高山ガーデン

まとめ

 
 

 
 
 
直さんが現在となりに第二ブルーベリー農園を建設中。
新しい品種も栽培予定で高山ガーデンの今後が楽しみ。
 
英さんがブルーベリー生産に絞ったのは健康のためで
自身が15年間健康食品開発に携わった経験があるから。
 
目薬であり食物繊維豊富で肝臓にもいいブルーベリー。
あの美味しいブルーベリージュースが飲みたいですね♪
 

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました