ポツンと一軒家 佐賀県神埼町のどこ?福成俊幸さん家族がステキ!





4/17「ポツンと一軒家」は佐賀県神埼市神埼町志波屋が舞台。
目的の建物は農業ハウスでしたが持ち主は福成俊幸さん(71)

12年前まで養鶏をしていて鶏や軍鶏を600羽も飼ってたそう。
ハウスの隣の小屋は長男夫婦がオシャレな憩いの場に改造中。

家族が協力して昨年の豪雨災害の復旧に当たっていましたね。

豪雨災害


2021年8月九州北部を襲った豪雨で佐賀県も大変だったそう。
総雨量が1200mに及び土砂災害が200箇所で起きたようです。

俊幸さんの農業ハウスに通じる山道も川が氾濫して道が陥没。
段々畑の土手も溢れ出た水で削られ未だ爪痕が残ってました。

川を堰きとめて作った野菜の洗い場も豪雨で水が濁ったとか。
水質改善のために鯉を15匹入れて泥を取り除いていましたね。

補修作業



コンクリート製水道管を作る会社で働いてたという俊幸さん。
市から補助金を貰って生コンを陥没した道に流して補修作業。

軽トラック100台分25トンの生コンを使って山道を直すそう。
1日で10mほどしか進まず2週間でまだ半分の出来なんだとか。

長男が麓から軽トラックに生コンを乗せバックで現場に到着。
ワイヤーメッシュに流し俊幸さんが鍬とコテでキレイに完成。

楽しい生活



会社を50才でやめて養鶏場を本格的に始めた俊幸さんですが
12年前の鳥インフルエンザの流行でやめてしまったようです。

当時は一日に400個の卵を出荷していて忙しかったんだそう。
長男・隆治さんは昔は田舎が大嫌いでしたが今は大好きとか。

コロナ禍に関係なく自然の中で子育てできてハッピーみたい。
第二子が7月に出産予定なので小屋の改造を急いでるんだそう。

まとめ



畑では里芋やさつまいもの他に観賞用コキアも栽培中でした。
毎年11月頃にピンク色になりホウキの材料にもなるんだとか。

豪雨災害からの復旧作業はまだまだ道半ばといった感じです。
ゲリラ豪雨が頻繁に起きてるので今年の梅雨や夏も心配です。

捜索隊に協力し家を探してくれた寺崎正明さんもいい人(^^)
衛星写真を手に民家の人と交渉してくれてありがたいですね。

error: Content is protected !!