ナイトスクープ ジャンボかぼちゃを持ち帰ったブラジル人が面白い!





1/15「ナイトスクープ」最後は神戸市の植田雅人さんからで
ジャンバかぼちゃを持ち帰ったブラジル人を探してとの依頼。

滋賀県の叔父が毎年数十キロのジャンボかぼちゃを作るそう。
それをハロウィン用の飾りとして近所の人にあげていますが

それを持ち帰ったブラジル人にいろいろと聞いてみたいそう。

ジャンボかぼちゃ





本当にビッグサイズで大きいものだと80kgにもなるとか。
食用としては不向きで青臭く水っぽく恐ろしく不味いそう。

そのブラジル人家族は1年3ヶ月前にふらりと来たそうで
ジャンボかぼちゃを諒して食べると言っていたんだとか。

彼らに会いたいけど名前も分からず手がかりは一枚の写真。
とりあえず姪の旦那がブラジル人なのでそこから調査開始。

ブラジル人を探せ



捜索活動は数珠つなぎで以下のように繋がりました。

植田さんの姪

パトリアミンニャ長浜店

高橋ファビオ

スキナブラジル東近江店社長

橋本クラウジオ(50)
永原ミチエ(49)
永原カウネ(9)
タナベヒタ(65)

クラウジオさん家族はどうも日系ブラジル人のようです。
夫婦で名字が違ってたりヒタさん?とかちょっと不思議。

ジャンボかぼちゃの味は?


せっかくなのでかぼちゃを奥さんに調理してもらいました。

① 皮を剥いて角切りにする
② 牛肉、玉ねぎ、にんにくを塩コショウで炒める
③ 20分ほど煮込む
④ ブラジルの調味料スパイスで味付け

料理を食べた橋本探偵の評価は意外と美味しいということ。
シーチキンのほうれん草バター炒めのような味なんだそう。



まとめ



食べてみないとわかりませんがそれなりに食べれそうです。
叔父の中村栄一郎さんは「普通やな」と正直な感想でした。

そもそもあれを栽培しても商業ベースでは厳しそうですね。
植田さんはボランティアのような立場でやられてるのかな。

クラウジオさんたちは食べ慣れた祖国の味のようでしたね。
もっとたくさんジャンボかぼちゃがほしいとおねだり(^o^)

見逃し配信

ナイトスクープ過去動画を見るならAmazonプライム
30日間無料体験後も月々500円なのでお得です(^o^)
Amazonプライム

error: Content is protected !!