エコソリ祭りの場所はどこ?ミシガングランドヘイブンの冬が面白い!





2/11「世界の果てまでイッテQ!」で紹介された
アメリカミシガン州のエコソリ祭りが面白かったですね。

宮川大輔さんの本気のダンボールソリは惜しくも準優勝。
ゆるいルールでしたがアメリカらしい祭りで楽しそうでした♪

開催地グランドヘイブンのスキー場(Mulligan’s Hollow)は
小さなゲレンデですがアクセスがよくステキな場所ですね。

エコソリ祭り





正式名称は「Winterfest Cardboard Sled Race」
今回でエコソリ祭は20回目の開催のようですね。

ダンボールの組み立てには粘着テープと接着剤が許され
裏面にテープを貼るのは反則とかルールがあるようです。

1チームには1~10人までエントリーできるとありますが
ダンボールソリに10人乗るとオーバーウェイトで厳しそう。

イッテQチームのように勝敗にこだわる人たちもいましたが
大半の参加者たちはお祭りとして楽しんでるようでした。

場所はどこ?



気になる大会会場は上のマップにあるとおりですが
ポイントのある建物がレースのゴール付近となります。

ゲレンデの傾斜はゆるやかでビギナー向きと言えますが
ブレーキのない弾丸ソリだとスピードがかなり出そう。
止まり方が藁のかたまりに突っ込むとかワイルドですね(^^)

Mulligan’s Hollow は住宅地の近くにありアクセスがよく
会社や学校帰りにちょこっとスキーが滑れて便利そう♪

レースの結果は?





優勝経験のあるエンジニアのボブさんのサポートで
出来上がった宮川大輔さんのソリはまさにボブスレー。
他のチームとは仕上がり具合が格段に違いました。

余裕で優勝するかと思いきや最後はペンギンに敗北。
恐らくソリというより重量オーバーが敗因と思われます。
スタートダッシュと軽量化がレースに勝つカギですね。

とりあえず宮川大輔さんは準優勝ということでしたが
特に賞金のようなものはなさげのイベントのようです。

まとめ

Winterfest Cardboard Sled Race 2016


レース名を「エコソリ祭り」としたのはなぜでしょう。
お祭りのどこがエコなのかよくわかりませんでした。

いずれにしてもイベント会場に笑顔が溢れ楽しそう.
古き良き休日の一コマがそこにあり微笑ましいです。

日本にもこういうイベントがあったら参加したいですね。
いくつになっても子供心を忘れずにいたいと感じました♪

error: Content is protected !!