林歩美先生 白山高校の吹奏楽顧問と8人の部員たちがステキすぎる!





今年で第100回の全国高等学校野球選手権記念大会。
三重県の白山高校は下剋上をテーマに奮闘しました。

チームが甲子園に初出場しファンを沸かせましたが
吹奏楽の林歩美先生もその美貌で注目を集めました♪

8人の吹奏楽の部員たちの頑張りも胸を打ちますね。




白山高校の下剋上





2007年から10年連続で県予選で初戦敗退の白山高校。
2013年に就任した東拓司監督の指導でチームは変革。

練習場を広く拡張したり練習試合を年間160試合とか。
2018年県予選をあれよあれよと勝ち進み甲子園初出場!

弱小チームの下剋上のストーリーはまるで映画のよう。
2013年に部員がたった5人だけだったとか驚きですね。

林歩美先生と8人の部員たち




林歩美(はやしあゆみ)さん(27)は数学の先生ですが
吹奏楽の経験はなく音符を覚えるところからのスタート。

性格は快活で明るくルックスは愛嬌があってかわいい!
多分生徒たちから人気でみんなから慕われてそうです。

テレビの映像を見ると部員たちのスキルは普通くらい。
林先生は相手チームに心意気だけは負けたくないそう。

甲子園での勇姿





8月11日の愛工大名電と運命の初戦は残念ながら10-0。
何度か見せ場はありましたが1点が遠く完封負けでした。

白山からは2000人もの町民が50台のバスで現地入りして
林先生たちの吹奏楽団(助っ人含む80人)と共に応援。

相手名電の一糸乱れぬブラスバンドはさすがでしたが
林先生たちもハートをぶつけて最後まで全力投球でした。

甲子園で下剋上はなかったですが見事な勇姿でしたね。

まとめ




名電戦には白山中学校、美杉中学校、久居農林高校と
地元アマチュアバンド「Jazz Band Hakusan」も参加。

林先生のタクトにみんな精一杯に答え応じていました。
グランドの戦いも素晴らしいですが応援も負けてません。

炎天下で汗だくになって音頭をとる林先生ステキです♪
あまりによく出来たストーリーなのでドラマ化しそう。

もしそうなったらぜひ林先生本人でやってほしいです。
白山高校の勇姿をぜひ来年同じ舞台でみたいものです(^^)



シェアする

フォローする

コメント

  1. アバター 益山八幡神社 より:

    全国の故郷 白山高校【第100回全国高校野球記念大会】出場おめでとうございます。
    試合と応援演奏が、これほど感動したことは有りませんでした。
    次世代の人たちに、強い意志と熱意が有れば大きな力と成ることを教えてくれました。
    今度、出場した際はぜひ甲子園に応援に行きます。
    チェスト行け!!  鹿児島より

error: Content is protected !!